2012年のお気に入り作品!(年間ベスト)

あけましておめでとうございます!
新年最初の記事は、以前の記事でちょこっと予告していた2012年のお気に入り作品についてです。
2011年は、Last.fmの集計結果とともに、こんな曲やサークルさんを良く聴いていたよ!ってな感じにぐだぐだ書いていましたが、2012年は、Last.fmの集計結果をベースにするのは変わらないけど、特に好きな音楽作品を10作品、あとWEB公開のボイスドラマについて簡単に挙げていこうかと思います!
ちなみに2012年は、それぞれのイベント後にお気に入りの作品をちょこっと書いたりしてたので、それを振り返る!っというか完全に焼き直しみたいになってます。


-----------------------------------------------

それではまず音楽作品から!!
自分の中である程度の順位付けはあるけど、取り合えずはイベント順に書いてます。


■FLORALIES-フロオラリイ- / Sugar Bunny*
FLORALIES-フロオラリイ-
毎年冬コミ作品って印象に残る作品は少ないのだけど、この作品は別格!
まめこさんの声が好きってのはあるんだろうけど、何よりも凄く伸び伸び歌ってるなぁってのが凄く感じられて素敵でした。
可愛くポップだった1stアルバム、かっこよく勢いのあった2ndアルバム、の両方の良いところをギュッと詰め込んだのが本作ですね!
多彩な歌い方と曲調、七色の歌声を持つ彼女の魅力を引き出す楽曲満載でたまりません。
以降に書いてるLast.fmの集計では、このアルバム収録の「Urban blast」が今年1番たくさん聴いた曲になりましたw
切なく憂いを帯びた歌声とピアノ・キラキラシンセが織り成す至極のバラードソング!
冬コミ終了後にずっと聴いていて、一旦は休憩してたんだけど、冬が近づいてきたらまたまた再沸騰してきた結果ですね。
いやーこんなにはまるとは自分でも思いませんでしたw
ちなみにこちらで別バージョンですが公開されてます。



■Assemblage / At the Garret
Assemblage
順位付けをするとしたら、2012年の2位の作品ですね!
春までは、名前すら知らなかったサークルさんで母体となっている三ツ星☆リストランテも名前は知ってるけど・・・程度でした。
それが今では両サークルさんとも大本命と言ってもいいくらいのお気に入りサークルへ。
この作品との出会いで、その後の同人音楽ライフがかなり変わったなぁって思います!
溢れるわくわく感ですよ!それはもちろん2013年にも引き継がれます。
毎度リンクを貼っているここに色々感想を書いてるんですが、とにかくメロディが好き過ぎてもう・・・
ずっと騒いでた「テアトル」は今年2番目に聴いた曲で、シャッフルのリズムにのってコミカルに踊るピアノや拙い歌声が中毒性あり過ぎて、いまだに結構な頻度で聴いてますw
何気にアートワークも凄く気に入っていて1・2を争うくらいに好きですね。
無機質な少女と散りばめられるガラクタ達、作品の世界観とぴったりで素敵。



■World Ecriture / のん'S Factory
World Ecriture
順位付けをするとしたら、2012年の1位の作品です!
2011年の秋のM3から名前は知っていたサークルさんで、試聴はしたけど何故か買わなかったという・・・今思えばどれだけ見る目なかったんだよ!って感じです(ちなみに2011年の秋M3の作品「Birthday」もめちゃくちゃ聴いてます)
お気に入り曲をピックアップして聴いていることが多いんですが、この作品はずっと最初から最後まで通して良く聴いてました。
いわゆる物語音楽で、演技あり、語りあり、掛け合いありで作品全体で一つの大きなお話しになっている作品。
お話しのわかりやすさも個人的には嬉しかったところですが、何よりもメロディーが恐ろしいほどにキャッチーで聴きやすい、でも何故か中毒性があるってな感じで、とにかくメロディセンスの良さが一番の武器。
打ち込みならではの魅力も感じるし、各楽曲ともお話しの分岐点でメロディの変化があるのも嬉しい。
楽しんで作ってるんだろうなぁって雰囲気が自然と溢れ出している空気感もいいね!
聴いてるこっちも楽しくなってきますw



■Le petit bors / Clinochlore

ニコニコ動画でオリジナル楽曲をたくさん公開されている森野さんボーカルの作品ということで、頒布前から楽しみにしていたんですが、見事予想通りにめちゃくちゃ私好みでしたw
優しくゆったりとしたアコースティックな楽曲、そしてどこかノスタルジー溢れる優しい雰囲気と森野さんの柔らかい歌声との調和が実に素晴らしい!
木琴とか笛とか民族系の楽器もたくさん出てきて、しっとり癒されました。
世界観も森野さんのお名前からもわかるように本当にぴったりでした!
そんな中、異彩を放つ「blind world」、この曲めちゃくちゃ聴いてます。
イントロの笛の音色を聴くだけで胸の高鳴りが!!
普段ウィスパー気味の歌い方をしているボーカルさんが激しい疾走曲を歌った時の破壊力はほんと凄いです。
秋M3の作品ももりもり聴いてますし、今後がとても楽しみ。



■Full Course / 三ツ星☆リストランテ
Full Course
上で書いてるAssemblageの試聴を聴いて、うおぉぉ!!ってなって、その流れで試聴したらこれもめちゃくちゃいいじゃない!?ってなった作品で、初頒布は2011年の春のM3でしたが、文句なしで今年もりもり聴いた作品なのでチョイス。
正直、当時も試聴はした記憶はあるんだけど、その時にはピンと来なかったみたいです・・・っが今では大好きな作品です!
三ツ星☆リストランテの1stアルバムで秋M3に頒布された2ndアルバムにも通じる作品で、今後もこの作品をベースにした作品が出るんじゃないかと思ったりw
荒削りな楽曲達だけどそれを補ってあまりあるメロディの良さがありました。
このサークルさんは、バラード系と疾走系でボーカルさんが違ってたりするんですが、個人的には疾走系の曲に好きな曲が多いですね。
その中でもタイトルチューンの「フルコース」が特に好きですねー。
テンポの良いピアノと中毒性のあるメロディ、やばいですw
中毒性という意味では「Edible?」も拙いツインボーカルとメルヘンチックで凄く不思議な雰囲気が漂っていて素敵。
あと「廃墟塔の少年」も好きなんだよなぁーこれに関連する作品何か出たりしないかしら!?←



■Pandora / 無法地帯
Pandora
152Hz × 無法地帯の「ANAMNESIS」の「今日未明、雨の降る町」がめちゃくちゃ綺麗で透明感のある曲で一気にファンになってしまったYuyさんが全曲作曲ということでイベント前から注目してた作品。
15分を超える曲があったりと、収録曲が少ない分、それぞれの曲の尺が長くて、とにかくドラマチック!
全体的にはファンタジックでしっとりした雰囲気が中心だったけど、2曲目で聴ける重厚なコーラスワークと疾走するサビはテンションがめちゃくちゃ上がります!
じっくり溜めて一気に爆発させるような展開がほんと凄いなぁっとw
男女ツインボーカルでお互いの気持ちをぶつけ合うような切ない掛け合いも聴けたりと聴き所満載の作品でした。
この掛け合いが一番好きなところなんですよねー。
秋M3ではアンビエント系の全く違った雰囲気を作られたりとYuyさんの多彩っぷりもびっくりです。
でも個人的にはこの作品みたいなファンタジックな作品が好きなので、2013年春M3に向けて制作されてる?っぽいKalafinaを意識した作品がとても楽しみですw



■偽恋埋葬録 / 三ツ星☆リストランテ
偽恋埋葬録
記憶にも新しい秋M3で個人的に1番良く聴いてる作品で、順位付けをするとしたら、2012年の3位の作品です!
まぁ1位~3位までは挙げてますが、正直どれも同じくらいに好きです。
何となく出会いのきっかけになった作品の方が上にしたというだけの単純な理由ですw
剥き出しの劣等感・妬み・僻みをストレートにぶつけた歌詞、実に痛々しくて大好きです。
1stアルバムのフルコースとのリンクもあってニヤリ要素も満載!
ロック色が一気に強くなってギターがザクザク、鍵盤とストリングスも絶妙に絡んできて素晴らしい。
泣きメロの嵐で中毒性もめちゃくちゃあって、いまだに毎日数回聴いてるくらいです!
バラードも好きだけど、やはり相変わらず疾走チューンを中心に聴いてます・・・疾走チューンのボーカルさんの方が好みってのもあると思いますがw
会話トラックもあって、我儘でかまってちゃんの上帝様が可愛すぎて・・・
ブックレットに仕掛けがあったり、ケースにストーンが散りばめられていたり、手作りならではで凄く愛着も湧きますね。



■そして何度でも花は咲く / MEMELOME
そして何度でも花は咲く
秋M3でM3初参加されたサークルさんでサークル結成から1年も経っていない新人サークルさん。
結構最近に感想を書いたサークルさんだったりするんですが、とにかく今後への期待が凄く膨らむ作品でした。
春夏秋冬、そして新たな春の訪れを花をモチーフにして描いた作品。
全体的にはメランコリックで切なく物悲しげな雰囲気が中心で、クラシックよりの音作りをされている印象。
メロディラインが凄く綺麗で漂う哀愁が心に響きます。
特に試聴でも聴ける「彼岸花」のもの悲しげで切なく儚げな歌声とメロディが好き過ぎてもう・・・
粗削りな部分が多々見られるけど、そんなの全く気にならないくらいの魅力を感じる作品でした。
こういうの待ってた!!って作品が2012年はほんと多くて、なんか同人音楽の聴き始めの頃を思い出したよ←
ちなみに2013年春に向けて制作をすすめられてるみたいな感じなので、間違いなく個人的に凄く期待の作品となりそうです!



■Solitude / のん’s Factory
Solitude
三ツ星☆リストランテもだけど、同じサークルは出来るだけ複数入れないようにしようと思ってたけど、各イベントで良く聴いた作品を振り返ってたら入れないわけにはいけないなぁっということでw
春M3の「World Ecriture」で一気にはまり新作への期待はかなりのものがありましたが、個人的にシングルサイズだけどそれを感じさせないボリューム感のある作品で満足です。
全曲6分超えでしたしねw
軽やかに疾走するオープニングチューンはとても楽しげで、電ぽさんと新しい女性ボーカルさんとのツインボーカルが実に爽快!
特に好きな2曲目は小室進行を意識した哀愁漂う泣きのバラード。
のんふぁくさんにはめずらしくシンプルで王道的な展開を見せる曲だけど、それがよりメロディの良さを際立たせてるような気がして、今でも毎日のように聴いてます。
今回は、電ぽさんのパートがかなり減ってしまったのは、ちょっと残念だなぁって思ってたけど、この曲は新しいボーカルさんの方が断然あっていい感じでした。
あと、何気に1stアルバムを聴いている人はニヤリとするような仕掛けだったり、フレーズだったりがあったりと、のんふぁくさんは良く過去作とリンクさせてきますね!
「≪永遠≫の愛」大好きなのでこういうのはとても嬉しいですw
その他にもこの作品とのリンクではないけど、アリスとか、アルカディアのメロディだとか、ちらほらありますしね。



■キミとボクの白地図 / アテアの仔等
キミとボクの白地図
アテアの仔等のblankmapシリーズの第一弾。
初頒布は2011年の夏コミで、私もそのタイミングで購入し、イベント直後に開封したんですが、当時はピンと来ずにあまり聴いていませんでした・・・っが今年の夏コミでblankmapシリーズ第2弾が出るということで聴き返してみたら一気にはまってしまいましたw
なのでもりもり聴いたのは2012年ってことでランクイン!
特に、オープニングを飾る2曲目が好き過ぎて一時期エンドレスで聴いてましたw
blankmapシリーズの世界観がこの1曲にギュッと詰まっていてたまりません。
男性ボーカルと女性ボーカル2名による爽快で疾走感のある楽曲で、バンドサウンドとシンセのストリングスが絶妙に絡み合って実にかっこいい!
遊び心たっぷりの会話のパートも大好きなところですが、特に3分40秒あたりからの「私の変わりにこの7箇所を巡り~」ってところからの展開が激熱なんですよね!!
ここのメロディがめちゃくちゃ良くて、女性ボーカル2名のハーモニーも素敵でやばいですw
これから始まる物語へのわくわく感が溢れてくる曲で、オープニングチューンとしては申し分ないですね。
ジャケットにも7箇所が書かれてます。こういうのいいね。
ちなみに2012年の夏コミで頒布されたblankmapシリーズの第二弾「彷徨える魂の送り手」もたくさん聴いてます!
毎度最初と最後に入っている短いインスト曲が特に好きですねー。
次はどこを巡るお話しになるのか楽しみでいっぱいです!
あっ、冬コミでちょこっとお話しさせて頂いたところ、次回作はかなり壮大になってボリューム満点みたいですよ。
楽しみだわー!!



っと音楽作品については、こんな感じになりました。
それにしても今年は、ずっと同じサークルさんの作品ばっかり騒いでいてすみません(汗)
それだけ個人的にビビッときたってことだと思います!
本当に実りのある一年でした^^


-----------------------------------------------

ここからは現在WEB公開されているボイスドラマで特に良く聴いたよ!って作品です。
2012年はイベントでの頒布作品を中心に聴いていたんですが、その中でも結構な数がイベント後にWEB公開されていて嬉しい限りですw

■拝啓、お元気ですか / おにぎりワゴン
拝啓、お元気ですか
公開がちょうど2011年12月30日という事で、2012年はこの作品と「Girls Talking2」からのスタートでした!
「Girls Talking2」は年末年始と言えばこのシリーズってくらい勝手に自分の中で定着してます・・・そしてなんか生々しいというかぶっちゃけトークたっぷりでなんか凄いw
っとまぁ「Girls Talking2」はおいておいて、「拝啓、お元気ですか」ですが、おにぎりワゴンの作品では断トツで好きな作品です!
手紙を読む形式で進む、ずっと後悔していた仲良しだったあなたへの懺悔の気持ちを綴った手紙、朗読風の作風が素敵です。
回想シーンの中でそれぞれの思い出とその時の感情を語った切り口、この作品から私の中での今年一年の朗読ブームが始まったと言っても過言じゃないですw
ちょっと控えめな私とはつらつとしているあなたとの序盤の会話好きだなぁー。
徐々に痛々しい雰囲気に・・・罪悪感・・・でもこういうの凄く分かる。
最後の終わり方いいなぁー、とってもしんみりしたけど、暖かい気持ちになりました!



■Claimh Solais / Gift Of Memories
Claimh Solais
天空都市とか、伝説の剣とか、とにかく世界観がとても壮大でボリュームたっぷりの作品。
episode#10まであるんですが、ぶっちゃけオープニングのepisode#1ばっかり聴いてますw
5分にも満たないepisode#1なんですが、このトラックだけで十分楽しめる意味深な二人のやり取りが聴けて、このあとどうなるんだろうっていうわくわく感が!!
中世ヨーロッパあたりの雰囲気が漂っていてBGMが終始切ない・・・
武田恵瑠々さんの女性役が好きってのもあると思うんですが、気持ちを全力でぶつけるシーンたまらんです><
非常に申し訳ないけど、本編全体よりもepisode#1のインパクトが強くてw



■Good Bye NICOLAS -青の理想- / 人間カプリチオ
Good Bye NICOLAS -青の理想-
近未来的でSFチックなお話しで、青と白のジャケ絵がまた雰囲気が出てます。
人間カプリチオの作品では、一番好きな作品で春M3では入場後真っ先にゲットしに行った作品ですw
ニコラスの素っ気無い態度と、拗ねるイデアが妙に可愛いw
イデアがもっと機械的な雰囲気があるのかと思ったら人間味のあるキャラクターで、二人の会話を聴いてると和みます!
ずっと聴いていたいくらいだわw
いやーこれも凄く切なくて、終盤の展開やばいなぁー。
イデアの泣きそうになってるシーンがグッとくる・・・
切ないけれど、温かみのある最後が凄く好きですね。



■・愛言葉 / JiLpLuG
愛言葉
各地の方言を使ったオムニバス形式のショートドラマ。
普段なかなか聴くことが出来ない方言を堪能できるのも嬉しいし、方言ってどこか親しみや温もりを感じるんですよねぇ。
ありふれた日常の風景から可愛らしい恋のワンシーンまでとっても和みます。
個人的に好きなのはトラック1とトラック4。
トラック1は我等が京都弁ですよ!←
いつもの何気ないバタバタした朝のひと時、私のちょっとツンツンしてるところが可愛いw
それにしてもお母さんの気づかいマジで惚れる・・・
トラック4は広島弁で、一番好きなお話ですね!
幼馴染の二人のニヤニヤしたやり取りが堪能できてたまらんw
ちぃのちょっとツンツンしてるところが可愛すぎてですね・・・このもぞもぞする感覚・・・
それにしても広島弁の可愛さは異常w



■君との距離 / Music Ball
君との距離
今年色々聴いてきたボイスドラマの中で一番CMが良かった作品だったりします。
っと言ってもCMは本編のトラック1がCMになってただけなんですけどね(笑)
「さわらないで・・・汚れちゃう・・・」、ここが好き過ぎて何度も聴いちゃってます!
ここで流れてくるBGMがまためちゃくちゃいい曲で、気になり過ぎて何とか探し当てて聴いてたりもしますw
とても意味深で先が気になる挿入部、上手いなー!
その後の本編はお互いの気持ちを伝えられなくてもどかしい青春物に変わるんですけどねw
実に甘酸っぱい終わり方・・・いやー和みますね。



■Liyndium -リンディウム- / rukSiA
Liyndium -リンディウム-
今年聴いたWEB配信のボイスドラマでは一番好きな作品ですねー。
色々と贔屓目入ってますが、客観的に見てもクオリティはかなり高いと思います!
ちょっぴり中世ヨーロッパ風の世界観と魔女とか魔女の呪いとかファンタジー要素が加わった世界観が素敵です。
様々な複線を散りばめた2つのお話しと、その複線を全て回収していく最後のお話しの構成のおかげでずっと楽しく聴けました!
あぁーあの話しにも出てたところだ!ってのを見つけるとにやりとしてしまうものでw
全話を合わせると2時間を超えるボリューム!
個人的にはテンション高くて可愛らしいキャリー君と伯爵さんのコンビがなんか凸凹っぽくて好きですw
アノルドの飛びぬけた明るさは聴いていて実に気持ちよくて好きですね。
お話しの中でだけど、古代の神話がキーワードになってるところも惹き付けられるポイントです!
それにしてもお話しごとに別々に編集されていたようだけど、全く気づかなくて凄いなぁー。
じっくり聴いたあとはライナーノーツで裏話も見れて楽しさアップ!!



ひまわりと夏の空 / さば缶さん & 菊池侑那さん
静かでどこか切ない朗読作品。
いつもドタバタした可愛くハイテンションなキャラクターを演じられることが多い菊池侑那さんですが、こちらでは珍しくシリアス一直線で凄く丁寧に演じられています。
少し重々しい空気、淡々とした序盤からじわじわ感情が溢れてきて、最後一気に爆発する・・・ううっ、切ない・・・
気持ちの篭った演技で微妙な心の動きを表現されていて凄く心に染みます・・・
朗読作品は、心に秘めた想いを語る作品が多くて、そこが好きなんだよなぁ。
あと大好きな声を堪能出来るのも大きいですw
12分ちょっとの短い作品なので、聴きやすいのみいいですね。



■incomplete -omnibus reading stories- / Echo-Tail studio
incomplete -omnibus reading stories-
ハーモスフィアの大原さんの個人作品の短編朗読作品集。
5作品収録されているんですが、その中でも特にトラック4の「あて先のない手紙」が大好きで何十回も聴いてますw
タイトルの通りに手紙を読むように進む朗読作品で、とてもノスタルジー溢れる雰囲気がたまりません!
淡い思い出を辿って、小さい頃を懐かしむところがほんと哀愁漂っていてジーンときます・・・
自分も似たような経験があるので、凄くわかるなぁって聴きながらなってました。
それにしても朗読作品&ユキトさん作品が入りすぎですねw


イベントで頒布されているCD作品もお気に入りはたくさんあったりするんですが、ここでは敢えて外して、現在WEBで無料公開されている作品に敢えて絞ってのチョイスでしたが、この8作品のうち4作品がイベントで頒布されたあとにWEB公開になった作品です。
純粋にWEB作品のみの作品は4作品と若干少ないめだったかな!?
これも春秋のM3で合計80枚くらいボイスドラマCDを購入したため、WEB公開の作品があまり聴けていなかったせいな気がします・・・
2013年はもっとたくさん聴いていきたいなぁって思います。


-----------------------------------------------

続いては去年と同じでLast.fmでのアーティスト別、曲別ランキングに移ります!
ポータブルプレイヤーはi-podを使っているので、そちらでの再生も反映されてますし、私が実際に聴いた回数が表示されているといってもいいと思いますw


2012年良く聴いたアーティスト

■2012年良く聴いたアーティスト
1位: のん's Factory
2位: 三ツ星☆リストランテ
3位: 少女病
4位: At The Garret
5位: まめこ
6位: Clinochlore
7位: Krik/Krak
8位: アテアの仔等 - Children of Atea -
9位: MEMELOME
10位: 奥華子


【のん's Factory】
今年一番たくさん聴いたサークルさんは、のん's Factoryとなりました!
まぁ今年のお気に入り作品にも二つほど選らんだり、その他には1stCD「Eternal」、2ndCD「Birthday」も春M3以降に購入し、ほぼ全曲もりもり聴いた結果だと思います。
改めて聴いてみると1stCDからメロディセンスに光るものがあって、何で当時目に止まらなかったのか不思議でなりません。
試聴の第一印象にずっと縛られるのってダメだなぁっと反省。
それにしても一年本当にお世話になりました。


【三ツ星☆リストランテ】
こちらもお気に入り作品に二つほど選んだり、2012年の私の同人音楽ライフは三ツ星☆リストランテを中心に回っていたと言っても過言じゃないですね。
春の出会いから始まり、秋で更にブレイク!!
正直、出会いの作品が一番好きってことが多々あって、その後出会いの作品を超えられないことがよくあるんですが、あっさりブレイクスルーされてしまいましたw
鋭く繊細な感性を持ったお二人が織り成す物語にこれからも目がはずせません!
あっ、ちなみにイベントで会う知人には毎回三ツ星いいよ、ばっかり言ってた気がします・・・鬱陶しかったと思います・・・ごめんなさい。


【少女病】
2012年も安定して聴いていた感じですねー。
特に2012年に出た作品でヘビロテした記憶はなかったりするんですが、「冬の星座」「プレゼント」「エフティヒア」等のバラードを中心に良く聴いてました!
昔はサンホラのオマージュ的な色が強かったんですが、着実に少女病の色、独自性が出てきていて好きなんですよね。
一回だけライブとかやってますし、是非またやってほしいなぁ・・・そして行きたい。


【At The Garret】
三ツ星☆リストランテのコンポーザーの霧夜さんの個人サークルということで、私の中では三ツ星と一括りで考えてたりするんですが、春の出会いはほんとに衝撃的でした!
久しぶりに味わった感覚なので、聴いている回数的には4番手ですが、後々振り返ると一番印象深いサークルかもしれません。
それにまだボーカル曲3曲、短いインスト曲が6曲しか出てませんしねw
現在、次回作への期待がめちゃくちゃ高まってます!


【まめこ】
冬コミの作品が本当に良くて何度も聴いた結果かな。
同時に頒布されたMamyukkaの「僕とあの娘の終末日記」との相乗効果があった気がします(笑)
ほんのごく一部の人達が幼女ラップやばいYO!最高だよYO!!ってなってましたもんねw
歌い手さん引退するかもって話しがあって残念だなぁって思ってましたが、取り合えず2013年春のM3のMamyukkaの作品までは残留?されるみたいなのでとても嬉しい!


【Clinochlore】
ニコニコインディーズでまったりと民族音楽色が強く優しい曲調のオリジナル作品をアップされていた森野木々さんボーカルってことでイベント出るって聞いた時から注目してたサークルさん。
彼女のウィスパー系のヒーリングボイスは、とても優しい気持ちにさせられて好きなのでw
ちなみに「夢現」が大好きなのでみんな聴こう(笑)
こちらでは、柳川和樹さんが作曲と路線は違えど、漂う優しげな雰囲気は一緒。
ファンタジー性が強く、壮大さも増していて、クオリティの高さに驚かされます!
これまで出された2枚とも大好きなので、今後にも凄く期待。


【Krik/Krak】
自分で集計を取り出した2009年から2011年までずっとトップ3入りしていたクリクラですが、さすがに今年は新しく聴き始めたサークルさんに良いところが多過ぎて7番手。
1年半以上新作はありませんが、ふと聴きたくなるのがクリクラで、今更「アーキタイプの井戸の怪物」を中心に聴いてました。
あと安定の「リプレイ月紅レコード」ですね。
カラオケに配信される曲も増えてきて改めて聴き返したりもしてました。
クリクラ曲って凄くたくさん聴いてるのにいざ歌うとなると上手くリズムが取れないのが多くてね・・・もっと上手く歌えるようになりたいなぁ。


【アテアの仔等 - Children of Atea -】
blankmapシリーズから改めて他の過去作まで聴きかえしてました!
そうするとちょっとしか聴いてなかった曲でも今聴けばいいなって思える曲もたくさん出てきてほくほく。
特にblankmapシリーズ意外では、2ndアルバム「箱庭のエデン」が好きですねー。
アテアの仔等には珍しく明るく爽快な「異国の花売り」が可愛らしくて素敵です!
blankmapシリーズは7箇所を巡らないと終わらないと思うので、このシリーズを堪能したいですw


【MEMELOME】
お気に入りの音楽作品のところでも書きましたが、今年出会ったサークルさんで、今後に特に期待のサークルさんですね!
まだ6曲入りのアルバムを1枚頒布されただけですが、その1枚が本当につぼにはまりましてw
WEB公開されている曲達も凄く綺麗な曲が多くて、メロディセンスを非常に感じます。
のんふぁく、三ツ星、あとぎゃれ、と合わせて、このMEMELOMEも今後へのわくわく感を感じさせてくれるサークルさんで、こんな気持ちにさせてくれるサークルさんにたくさん出会えた年って実はほとんどなかった気がします。
そのおかげで凄く充実した同人音楽ライフを送れましたね!


【奥華子】
同人音楽を聴き始めてからメジャーの作品はあまり聴かなくなってしまったんですが、今年は奥華子さんの曲をたくさん聴いてました!
きっかけは京都でライブがあるってことで行ってみようと思ったことですねw
元々ピアノ弾き語りは大好きなスタイルで「楔」とか好きでしたし、多分楽しめるだろうって軽い気持ちでした。
っが予想以上に良くて、大阪ライブに行ったり、アルバム買ったりと、凄くはまってしまいましたw
どの曲もほんと綺麗で切なくて・・・その中でも「あなたに好きと言われたい」が頭一つ抜けてますね!
またライブで聴きたい・・・っいうことで2013年のライブ第一弾は奥華子さんで1月の大阪ライブのチケットゲットしましたw
今から楽しみだー!!



2012年良く聴いた楽曲

■2012年良く聴いた楽曲
1位: Urban blast(FLORALIES-フロオラリイ-に収録)/ まめこ
2位: テアトル(Assemblageに収録) / At The Garret
3位: Reaper(偽恋埋葬録に収録) / 三ツ星☆リストランテ
4位: Eternite(Assemblageに収録) / At The Garret
5位: BONUSTRACK(Black Waltz -黒は白の夢を見る-に収録) / Re:Re
6位: blind world(Le petit boisに収録) / Clinochlore
7位: フルコース(Full Courseに収録) / 三ツ星☆リストランテ
8位: 流離う慢心(偽恋埋葬録に収録) / 三ツ星☆リストランテ
9位: 断罪のアリス(World Ecritureに収録) / のん's Factory
10位: 仄暗い部屋から見た世界(Solitudeに収録) / のん's Factory
11位: tuning snow(white fragmentに収録) / 中央食堂
12位: Stray Bird(FLORALIES-フロオラリイ-に収録) / まめこ
13位: 崩壊バラッド(Solitudeに収録) / のん's Factory
14位: 彼岸花(そして何度でも花は咲くに収録) / MEMELOME
15位: メモリイ I (ノウスポウルに収録) / ロータスルートオーケストラ

15曲中12曲がお気に入り作品から!
それぞれの曲について書こうと思ったんですが、さすがに同じようなこと書きすぎだろ!って思ってきたので、お気に入り作品に収録されている曲はスルーして、収録していない曲だけちょこっと。


【BONUSTRACK / Re:Re】
実は、初めて聴いたのってCDでじゃなくて、2月の関西音人後にあったマージナルトラベラーでだったりするんですよねw
その時のライブパフォーマンスが凄く印象に残っていて、その補正も加わってか、ライブ直後にめちゃくちゃ聴いてました。
天を仰いでどこか遠くを見つめる目、感情が凄く篭った歌声、世界観に入り込んだパフォーマンスは、一緒に見に行った方達とめちゃくちゃ良い!って言い合ってました。
作編曲は、ロリィタノイロォゼのりみゆさんで、ロリィゼ節全開の神秘的なバラードソング。
綺麗で美しい旋律、切なく透明感のある歌声がマッチした至極のバラードです!
つくづくピアノ曲に弱いなぁって実感しましたw
ボーナストラックなので曲名とか載ってないんですよねぇ・・・気になるぞ。


【tuning snow / 中央食堂】
2011年の冬コミ作品に収録されていたあくるさんボーカルのキラキラポップス!!
歌詞は切ない系なのだけど楽曲は明るく飛び跳ねるような歌声が聴いてて元気になる。
とてもリズミカルなので、外を歩いてる時に聴きたい1曲ですね。
メロディ自体は結構単調なのだけど、アレンジが少しずつ変化があって聴いてて楽しいのです!
冬らしくキラキラした音がたくさん散りばめられていて、年末が近づくにつれてじわじわと聴く回数も増えてきましたw
ちなみに私がこれまで聴いてきたKleioを含めたあくるさんボーカルの曲の中でも一番彼女の声質を活かした曲になってるんじゃないかと思います。


【メモリイ I / ロータスルートオーケストラ】
これまでロータスルートオーケストラと言えば、キャンドル最強!って思ってたけど、この曲聴いて、いややっぱりメモリイだろ!?って変わりましたw
ピアノとシンセが光るとっても綺麗なバラードソング。
透明感のある悠花さんの声に凄くマッチしてます。
サビのところでウィスパーボイスで「I wish」とか言ってるところがたまらなく好きで妙に可愛い(笑)
この曲は、スキーに行く途中のバスでたくさん聴いていたので、聴くと自然とその時を思い出してしまいますw
ロータスでの活動は終了とのことですが、この間、関西でのライブや音カフェへの参加等、関西勢としては本当にたくさんの楽しみを作って頂き、本当に感謝しています。
長い間お疲れ様でしたー!



■最後にブログを振り返って
少しだけブログを振り返って、今回もコミケはまったりで、M3を中心色々書いてきました。
そのM3では、ある一定のテーマというか、今回はこんな感じで!ってのを実は決めていたんですが、ご覧になっている方はわかりましたでしょうか?
春M3では、更新回数と書く作品の数を出来るだけたくさんってのを意識して更新してました。
そうしたら3週間連続更新とかしてたみたいで、正直あとで見返したら自分でも驚きです・・・あんな短く簡単なコメントですが、書くのが遅くて結構時間かかってますし・・・
そして秋M3では、「良さそう」とか「楽しみ」とか書いてるのに買ってないのたくさんあるってどうなの?ってことで基本的に買おうって思った作品を中心に書いてみました。(実際には数が増えて買えてないのも結構ありますが・・・)
あと、秋M3では、とにかく自分の好みで応援してるサークルさんを前面に出したかったってのもあります。
ぶっちゃけ2012年のベスト3に入る「のん'S Factory」「三ツ星☆リストランテ」「At the Garret」がめちゃくちゃいいよー!!って言いたかっただけだったりもします(笑)
だってこんなにいい作品なのにあまり話題になっていないのは、ファンとしては寂しいじゃないですか。(あくまで私から見える範囲で・・・)
っということでこんな感じに更新していたブログですが、2013年春M3はどんな感じにしようかなぁって考えてるところだったりw
またまったり更新してると思うので、お暇があれば見てやって頂けると嬉しいです!

スポンサーサイト

テーマ : 同人音楽活動
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

彼方

Author:彼方
同人音楽とボイスドラマをこよなく愛してます。

2017春M3チェックリスト【4/23更新】

mixiにも生息してたりするのでお気軽にどうぞw

■過去のリンク集
個人的M3-2009-秋のリンク集
個人的C77のリンク集
個人的M3-2010-春のリンク集
個人的C78のリンク集
MUSIC COMMUNICATION 2リンク集
個人的M3-2010-秋のリンク集
個人的C79のリンク集
M3-2011-春のチェックリスト
C80チェックリスト
M3-2011-秋のチェックリスト
C81のチェックリスト
C81のリンク集
M3-2012-春のリンク集
M3-2012-春のチェックリスト
C82リンク集
C82チェックリスト
2012秋M3チェックリスト
C83チェックリスト
2013春M3チェックリスト
C84チェックリスト
2013秋M3チェックリスト
C85チェックリスト
2014春M3チェックリスト
C86チェックリスト
2014秋M3チェックリスト
C87チェックリスト
2015春M3チェックリスト
C88チェックリスト
2015秋M3チェックリスト
C89チェックリスト
2016春M3チェックリスト
2016秋M3チェックリスト



Twitter








■リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
お好きにどうぞ♪
音の迷宮バナー
OzoneAsteriskの雛瀬さんに作って頂きました!バナーはお持ち帰りでお願いします。


■連絡先
何かございましたら拍手・メールからよろしくお願いします。
kanatang_music☆yahoo.co.jp
☆→@に読みかえてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR