2013年の音楽ライフのまとめ記事

同人音楽系のブログの新年最初の記事と言えばやっぱり去年を振り返る年間ベスト記事ですよね。
他のブログさんでもきっとたくさん記事が上がると思うのでひっそり楽しみにしていますw
っでうちのブログはと言うと色々考えてたんですが、2012年よりもアルバムを全曲通してもりもり聴いてたってのは少なくて、好きな曲をピックアップして聴いていたことが多いということで、ベスト3だけ挙げて他は適当に一年を振り返る感じに書いていきたいと思います。


■1月
さて1月と言えば2012年の冬コミ作品をもりもり聴いていたかと言うと意外とそうじゃなくて何故かボカロ歌ってみた系をたくさん聴いてたりしますw
いやもちろん冬コミ作品も聴いてる曲は良く聴いてましたけどね。
例えば、水の都のオートマタ収録の「瞳に映るものは」は、凄く綺麗なバラード曲で好きでした。
どちらかというと同人音楽らしからぬ雰囲気あるんですがそれも含めて好きでしたね。
あと、2012年の冬コミ作品で一番たくさん聴いてたのは曲単体ではベスト10入りしたLeichia Caroselloの「Fairy Tale Atelier」のタイトルチューンです!
アルバム自体はいくつかのブログさんの2012年の年間ベストでも登場していたりと出来の良さは間違いなかったですね。
頒布されたのは2012年秋M3と手に入れたのは少し遅かったんですが、メルヘンチックで可愛らしい楽曲が満載でりゅういさんのちょっと拙く愛らしい歌声にとてもマッチしていました。
そしてどこか素朴な雰囲気もあるんですよねえー。
Fairy Tale Atelierについては、オーケストラを主体としてグロッケンやチャーチオルガンが出てくるメルヘンチックな3拍子、トリッキーな曲構成で驚かされました。
7分超える曲なのに最後まで飽きずに聴けてまたすぐ聴きたいってなる不思議な力を持った曲でした。
その後のシングル曲も好きな感じだったし、Leichia Caroselloとしては1年間くらい作品出してないけど今後もひっそり注目していきたいですね!
ボカロ歌ってみた系を久しぶりに色々あさってみたと言うことでこちらもたくさん聴きました。
蝶々Pの「クランベリー」「Black Board」のアップテンポでピアノが乱舞してる感じたまりません!
一番私と相性のいいボカロPさんですね。
鍵盤大好きなのでピアノ中心だと漲ってくるものがありますw
あとちょっと古いけど「吉原ラメント」のジャジーでほんのりシャッフルなリズムが凄くつぼにはまりました。
このボカロPさんは後から知ったんですが同人音楽でもCD出してる方で密かにCD持っていたことに驚きましたw
正直こんな作風じゃなかったので全然気づかなかった・・・
最後に一番たくさん聴いたボカロ曲は「林檎売りの泡沫少女」でAt the Garretで歌っている紅梨さんバージョンですね。
贔屓目全開ですが、この時点ではバラードを歌ってるのしか聴いたことなかったので早いテンポも凄く合っておおっ!ってなりましたw
曲自体はメルヘンチックでとても可愛らしくて素敵です!



■2月
2月は関東のコミティアに行ったり、ロリィタノイロォゼ・Misty Harmのライブとかに行きました。
Roman so Wordsのボーカルの己稀さんボーカルの別バンドMisty Harmのライブに行ったことをきっかけに「」って曲をめちゃくちゃ聴きました。
若干ダウナーよりのミディアムバラードでサビまでのメロディラインが凄く好きなんですよ。きっとライブでの補正もあると思います。
Misty Harmのライブは、この他にも数回行ったりと、2013年で一番生演奏見に行ったバンドになりました!
あっ、今のところ2014年最初のライブもMisty Harmの予定ですw
今更感あるけどクラナドにはまったのもこの時期ですね。
とにかく後半に切なく泣ける話が満載で何度も見返してしまった・・・
その影響かアフターストーリーのOP「時を刻む唄」がベスト10入り!
Liaさんの透き通る歌声と綺麗なメロディ、そしてお話しとリンクした歌詞と本編の補正が加わってどれだけ聴いたことか!!
「いつまでもおぼえてる~」ってところが好きすぎてやばいです。
この流れでLiaさんのベストアルバム買ってしまったw
BGMの「空に光る」が凄く気に入ってしまって自己満演奏もしてしまいました。
あと「汐」も練習して覚えたりと久しぶりに何か練習したいって気持にもさせてくれたのがクラナドですね!
今回ベスト3に入った72☆の「空想ジェラシー」を聴きなおし始めたのもこの時期だったかな。
2011年秋の作品で2011年の年間ベスト入りした曲だったりするんですが、この中毒性はほんとやばくて何度聴いても飽きない魅力があるんですよねぇ。
72☆自体はアリスを中心とした御伽話をモチーフにしたようなメルヘンチックで可愛らしいポップスを作ってるって印象なんですが、この曲は若干異端で愛憎溢れるストーカーソングと言ったところでしょうか。
ドライブ感あるザクザクギターにピロピロギターや加工ボイス等を交えた構成が心の中で何かが崩れていくようなそんな感覚を表現しているようで凄い好きなんですよねぇ。
この曲めっちゃ好きってのを本当は直にスペースで言いたかったんですが、2011年秋以来サークル参加がなくてちょっと悲しいですが文句なしで大好きな曲なので今後も聴き続けていくことでしょう!

・空に光る / 戸越まごめ




■3月、4月
イベントとしてはMコミ7&ボーパラ関西2に行ってきました。
大きなイベントの間ということでこれと言って新しい作品を聴きだすとかはなくて、1月2月のお気に入り作品をひたすら聴き続けた感じかな。
あと4月に入ってからはM3のチェック期間にも入ってましたしね。



■5月
もちろん春M3作品をもりもり聴いてました。
春M3は、私の中では三ツ星☆リストランテのアルバム「そして、再び、廃墟塔」とMEMELOMEの「追想風景」の2強状態でしたね!
特に三ツ星の廃墟塔は、去年の年間ベストのフルコースの時にもちょこっと書いていた「廃墟塔の少年」に関連する作品が出てほしい!ってのが見事に来て一人テンション上がってたのもいい思い出w
作品については以前にこちらの記事で書いているのでこれを上手くまとめるのは出来そうにないのでこちらではあまり書くことはやめておきますが、今年最も聴いた作品ですね。
曲単体でも廃墟塔に収録の「Ruin of Ideal」がトップになりました!
とにかく春M3の直後1ヶ月くらいは出勤時の電車、昼休み、帰りの電車のローテーションを変えることなく聴いていたくらいのお気に入り作品ですね。
MEMELOMEの「追想風景」は何か書こうと思ってはいたものの結局書かずじまいになってしまってたんですが、昔はとても賑わっていたであろう今は廃れてしまった街、それ自身の視点で描かれていてなかなか面白いなぁって思いました。
昔の在りし日を思い出しながら感傷に浸る姿、みんなに忘れないでほしいと訴えかける姿等、メランコリックで切なくも寂しげなメロディが琴線を揺さぶります。
ピアノ中心の曲構成で線の細くやや不安定気味の歌声がまたこの作風にぴったりマッチしてるんですよねぇー。
1stアルバムも去年の年間ベスト入りしたんですが、この作品も文句なしで今年のお気に入り作品です!
おそらく次回作はM3秋だと思うので期待してます。
その他にもレトクオリアの「リトルサイン」優しく囁くように歌う歌声と柔らかく包み込んでくれるようなメロディそしてオーケストラが加わり盛り上がるサビが凄い好き!、Giftの「鉄槌ノ翅」過去の曲も含めて仲村芽衣子さんが歌われてる曲の中で一番好きでゴリゴリしたギターとデジタルサウンドが混ざったパワーバラード1分55秒あたりからの展開がもうね!、Gothic Marionetteの「幸運の女神テュケ」ゴスマリの魅力がこの1曲に詰っていると言ってもいいくらい濃厚な一曲でしたね。ランランランララン~好きだわー、木と魚の「辿り着く場所」溢れる疾走感と前向きに駆け抜けて行く感じが聴いていて実に爽快!、iDearoomの「輝きの歌」再会のシーンでの二人の掛け合いが凄い好きで物語補正もあってもりもりと!、Stelltramの「EXEC_with.METHOD_METAFALICA/. ~at A.D.3310~」多重コーラスがとても美しくてヒュムノスアルバム屈指のドラマティックな展開を見せてくれる曲でとても癒し。3分20分あたりからの展開が好きすぎて・・・、等お気に入り曲もたくさんありました。



■6月
この月は特に同人イベントもなく、毎年自然充をしに行ってるんですが、例に漏れず行ってきました。
あと私の一番好きな花が紫陽花だったりするのでそれを見に行くのも楽しみの一つですね!
自然充で撮った一枚をぺたりと貼り付けておきますね。

音楽的には春M3の作品をひたすらもりもり聴いてました!
っで三ツ星作品を聴いていて、去年にもピアノで弾いてみたいなぁって思ってた曲を何を思ってか弾いてみたのがこの月ですね。
これ以来まともに弾いてないけど、何かきっかけがあれば下手くそなりにもこれからも何か弾けたらなぁとか思ってます。

・群青色の部屋 / At The Garret


・追慕綴る蒼天の羽根 / 三ツ星☆リストランテ




■7月
京都で開催された豚乙女&の回路のライブに参加しました!
両サークルとも名前は知ってる程度で楽曲を今までしっかり聴いたことなかったんですがお知り合いさんも参加されるということで行ってみました。
豚乙女はライブでのみんなのノリも良くて、よくわからない気ぐるみもなんかシュールで面白かったですねw
あと回路、ここはずっとライブのパフォーマンスが凄くいいって噂は知ってたんですが、私が思った以上に惹き込まれるものがありました。
このライブをきっかけに回路を好きになってしまいました。
特にライブで聴いた「Lost」ってオリジナル曲にはまってしまって気がついたら今年のベスト2にw
ピアノオンリーでしっとりした出だしからじわじわと楽器が加わって2番から一気に盛り上がる構成!
こういうのほんと弱いんですよねぇー。
切なげなメロディと情感豊な歌声、バンドサウンドが加わる2番までの部分が特に好きですね。
こういう曲は2度美味しくてほんとなかなか飽きがこないし、いまだにもりもり聴いてます!
その後、色々なアレンジ作品をゲットしてその中では「Will the living corpse have dream of tomorrow ?」がお気に入り。
ただ、色々聴いたけど自分の中で回路と言えばこの曲!ってなってしまったので、この先この曲を超える曲はなかなか出ない感はあります。(あくまで自分の中でですが。)
まぁ夏コミ前のワンマンライブも凄く楽しかったので今後はライブもあったら行きたいですね。
東方繋がりで凋叶棕も色々聴いてみようってことで今更ながら辿に収録されている「At least one word」にはまってしまいました。
他の曲との繋がりとかは全然見てないんですが、前向きなピアノ弾語りソングで凋叶棕ってこんな曲もあるんだ!ってちょっと驚かされましたね。
ピアノと歌メロがほんとに綺麗でめらみさんの歌声がスーッと入ってくる感じでグッときます。
間違いなく異端な曲だとは思うけどたまにこういう雰囲気の曲も入っていると嬉しいなぁ。



■8月
8月言えば夏コミと言うことで、夏コミ作品ではCaprice Cafeの「さくらリレイション」を一番良く聴いていたみたいです。
明るく爽やかなポップ曲満載で夏の開放感とも合っていて良かったです。
その中でも相変わらずのピアノ中心のバラード曲なんですが「さくら散る季節に」を特に聴いてました。
やっぱりバラードは癒しですからね!
あと、とあるブログでも大絶賛されている葉月ゆらさんのPLATINUMに収録されていた「Diabolikha」も凄く良かった。
ゴシックと言えばまさにこれだよ!ってくらいの強烈なキラーチューンでしたしね。
間奏のゴリゴリギターとキラキラしたシンセの絡みが大好きです。



■9月
大阪であった六弦アリス、5150、IRON ATTACKのスリーマンライブに行ってきました。
メンバーからしてメタル好きが集まるライブだったので後ろの方でゆったり眺める感じでしたね。
本命は六弦ではあったけど、メンバーからしてオリジナル曲あんまりないだろうなぁって思ってたら見事一曲もなくて、ちょっと残念。
でもどんな感じのパフォーマンスをするのかとか雰囲気は掴めたから良かったです。
出来ればオリジナル中心のライブに行ってみたいものです。
この月は京都では台風の影響で浸水被害がひどかったりとそっちの印象が非常に強いですね。
音楽的には夏コミ作品をもりもり聴いていた!って言いたいところですが、実はそこまでで春M3作品とか7月に出会った曲たちを中心に聴いてました。
あと少女病の「告解エピグラム」を良く聴いてた印象。
実はこれまでじっくり歌詞を見て聴くことが少なくて何となくの内容しか分かってなかったんですが、それぞれの曲の繋がりが分かってくると、知らない間にお話しとしては少女病のアルバムの中で一番好きになりました。
全体の繋がりも好きだし、最後の希望に満ち溢れて終わるのも聴いていてとても気持ちよくて。
あっ、ちょうど艦これを始めたのもこの時期ですね!
いまだについプレイしてしまう艦これ、周りお知り合いさんもみんなプレイしていることもあってその影響もかなり受けてます。



■10月
紅楼夢に行ったり、Revo's Halloween Party、そして秋M3に行きました。
紅楼夢では東方イベントのはずなのにひたすらお知り合いさんと艦これトークしてた気がします。
この前の冬コミでも話の中心は艦これだったし・・・もうダメだこいつら・・・
Revo's Halloween Partyは、奇跡的にアリーナB席の最前列と言う非常に良い席で参戦できてほんと楽しかったなぁー。
セトリが昔ながらの人気曲中心だったのも嬉しかったし、演出も楽しかったし、ほんと早くDVD出てほしいです。
あと、先日あった紅白にリンホラが出演したとのことでとてもめでたいです!
冬コミに行ってたこともあってリアルタイムで見れなかったのは残念だけど、紅白に出演が決まった時点でRevoさんについての記事をちらほら見かけて、そこで同人音楽ってキーワードも見かけたので、これをきっかけに新しく同人音楽に興味を持ってくれる人が増えたらいいなって思います。
秋M3は相変わらずボイスドラマ含めてたくさん買ってしまったのですが、新しいサークルさんとの出会いもあってとてもいいイベントになりましたね。
特にたくさん聴いてるのはAt The Garretのアルバム「白鳥の城」で、秋M3から帰ってからの最初の記事に色々書いてます。
2012秋頒布の「記憶のレーア」から凄く楽しみにしていた作品で、おそらく中世ヨーロッパあたりの史実をベースに独自の世界観をミックスした作風がまた凄くつぼりましたw
ここ最近ずっとイベント毎に言ってる気がしますが私は本当に霧夜さんの曲が好きで、メロディラインもそうだし、アレンジ面でも着実に実力をつけてきているのが音から滲み出ていて凄いなぁって思ってます。
持ち味のピアノが特に私の琴線にぐいぐい来るんですよねー。
ちなみにこの作品からトップ10入りが2曲ほど、ドラマティックな展開が熱いピアノを基調とした物語の幕開けを告げる疾走チューンとアトギャレが誇るお母さんソングで今でも毎日もりもり聴いてる曲達ですね!
三ツ星含めて、今年一年は新作は難しそうな感じはありますが、しっかり充電して更なる飛躍を期待してます!
新しいサークルさんではイベント前から騒いでたけどKattriaの「Storyteller」これが凄く良かったです。
Kattriaという語り部自身の始まりを歌った自己紹介的な印象を持った作品でした。
シンフォニックロック寄りの楽曲、そしてメロディラインと凄く私好みで、ボーカルさんの線が細く一生懸命絞り出すようなハイトーンもめっちゃ好き!
特に3曲目の「Lucia」は年間でも12位になるくらい聴いてる曲で、どこか希望に満ちた明るさと前向きさがあって飛翔感もあってもりもり聴いてます。
最初の作品でここまで気に入るってのもめずらしいですし、今年はある意味このサークルさんに一番期待してます。
その他では、ちびっこフォークの「御伽のアリス」星名優子さんボーカルでは一番好きな曲になりました。チェンバロやデジタルサウンドが目まぐるしくなっていて聴いてて楽しいしかっこ可愛い感じもいい!、Ryuiさんの「Dreamy World」ファンシーでとにかく可愛らしい曲で彼女の愛らしい歌声の魅力を一番発揮してくれるタイプでとても俺得。、Ariabl'eyeSの「穢れなき薔薇十字」メロディアスなシンフォニックロックで王道的な雰囲気とストレートな歌詞やあとボーカルさんの声質が凄い好きでもりもり聴いてましたね。、ロリィタノイロォゼの「religieuse」切なく儚げなメロディと消え入りそうな掠れ気味の歌声そしてブレスがグッとくる前半と後半からのコーラスがとにかく美しくてまさにロリィゼって感じの曲でたまりませんでした、等を良く聴いてました!
あっ、ボイスドラマではPipo worldの「アルカナと魔女」ツンデレゼシルシアちゃんとアルカナの会話がとにかく和むし癒される!後半のシリアス展開も目が離せなくてそれぞれの登場人物の過去とか葛藤とかが描かれていて凄く良かったですね。、泡沫セレネイドの「眠るネジマキハウス」リカちゃんが可愛すぎてやばい!何この子天使!?ってくらい愛着湧いてますw。が特にお気に入り。



■11月、12月
特にこれといったイベントもなくまったり過ごしてました。
主にやってたことと言えば艦これで家にいる間は大体やってた気がする・・・いかんいかん。
音楽的には秋M3の曲を中心にもりもり聴いてましたね。
ただ年末に近づくに従い今年良く聴いていた曲を集めたプレイリストを作ったりと一年を振り返ったりもしてました!
そして冬コミ!まだ記憶に新しい冬コミですが本当にたくさんの人と話しが出来て楽しかったです。



とりあえず月別だとこんな感じの一年でした。
既にめちゃくちゃ見にくくて色々崩壊気味の記事になってきてますが、一応今年のトップ3作品だけ挙げておきます。

■3位
追想風景 / MEMELOME
追想風景


■2位
そして、再び、廃墟塔 / 三ツ星☆リストランテ
そして、再び、廃墟塔


■1位
白鳥の城の物語 / At the Garret
白鳥の城の物語


1月~12月の中でちょっとは触れてるのでこちらでは特に作品については書いてはいないんですが、2012年のお気に入りでも登場したうちのブログではお馴染みのメンバーですね。
今年はお気に入りサークルさんがとても良い作品を出してくれたので順当に上位を独占した感じです。
もっと新鮮味のある感じにしたいところなんですが当分この傾向は続きそうな予感ですね!

-----------------------------------------------

続いては去年と同じでLast.fmでのアーティスト別、曲別ランキングに移ります!
ポータブルプレイヤーはi-podを使っているので、そちらでの再生も反映されてますし、私が実際に聴いた回数が表示されているといってもいいと思いますw


2013年良く聴いたアーティスト
■2013年良く聴いたアーティスト
1位: 三ツ星☆リストランテ
2位: At The Garret
3位: Krik/Krak
4位: MEMELOME
5位: 少女病
6位: 回路-kairo-
7位: のん's Factory
8位: LeichiaCarosello
9位: 72☆
10位: Kattria

基本的にメインで聴いていたサークルさんについては去年とほぼ変わらずといったところでしょうか?
その中でも新作の有無で大きく差がついた感じかな。
やっぱり新作があるとそれと合わせてまた旧作も良く聴くようになりますからねぇ。
2013年は上記でも書いてるように三ツ星とアトギャレ中心の一年になりました。
両サークルさんとも素敵な新作があったのが大きいですね。
あと、MEMELOMEは2012年に感じた次回作絶対良くなる!って思ったとおりにとても良い作品を出してくれて嬉しいです。
クリクラは毎年安定して聴いてるのでこのあたりが定位置化してる感がありますね。
「幽閉カレイドスコープ」を特に良く聴いてた気がします。
少女病は新作シングルはパッとしなかったけど、こちらも毎年安定して聴いてますね。
のんふぁくは純粋な新作はなくて2012年の1位からは少し下がってしまったけど、秋M3で突発的に出したインストCDは将来的には歌をつける予定のようで、絶対私が好きになりそうな曲も結構あって今後への期待度はトップクラスなことに変わりありません。
特に「Blossom」のメロディが凄く好きなんだ!
回路はとにかく「Lost」を聴きまくってたわけですが、他にもオリジナルアルバムの曲が全体的に好きな曲が多かったりと、基本東方アレンジで活動されてますが、またオリジナルをガチで作ってほしいところですねぇ。
LeichiaCaroselloは、1stアルバム以外にも2012年の冬コミで無料配布した「ハイコントラスト」もファンシーで好きだったりするので次回作に期待!って思ってたら早くも今年は新作ない?的な話もあってどうなんだろうなぁ。
まぁ、りゅういさんの個人作含めて注目していくことに変わりないけどね。
自分でもあまりトリガーが良くわからないんですが72☆、2年前から活動されてない感じではあるんですが、主に「空想ジェラシー」をもりもり聴く1年になりました。
実は「空想ジェラシー」を自分の周りの人に押し付けたいところなんだけどCDが手に入らないというw
Kattriaは、まだ3曲しかしっかりと聴いたことない状態だけど、どの曲も凄く好みで今年凄く楽しみなサークルさんですね。
あと、まだまだサークルとしての方向性はベールに包まれてる感がるのでそのあたりも合わせて楽しみです。


2013年良く聴いた楽曲
■2013年良く聴いた楽曲
1位: Ruin of Ideal(そして、再び、廃墟塔に収録)/ 三ツ星☆リストランテ
2位: Lost(夜明けのセカイと思考回路に収録) / 回路-kairo-
3位: 空想ジェラシー(primary colorsに収録) / 72☆
4位: Reaper(偽恋埋葬録に収録) / 三ツ星☆リストランテ
5位: 私の愛し子(白鳥の城に収録) / At The Garret
6位: 時を刻む唄(時を刻む唄/TORCHに収録) / Lia
7位: Fairy Tale Atelier(Fairy Tale Atelierに収録) / LeichiaCarosello
8位: 白鳥の城の物語(白鳥の城に収録) / At The Garret
9位: 壱(WEB無料配信曲) / Misty Harm
10位: 諦観階級(そして、再び、廃墟塔に収録) / 三ツ星☆リストランテ
11位: At least one word(辿に収録) / 凋叶棕
12位: Lucia(Storytellerに収録) / Kattria
13位: Vapory Virtue(そして、再び、廃墟塔に収録) / 三ツ星☆リストランテ
14位: 飛翔(白鳥の城に収録) / At The Garret
15位: 廃墟は探す(追想風景に収録) / MEMELOME


ほぼこれまでの内容で触れてきた作品ばかりなんですが、改めて自分って同じ曲を飽きずに聴いて楽しめるタイプなんだなぁって思いました。
もちろん間で他の曲も聴いてますが軸となる曲は数ヶ月間ずっと変わらずってこともざらですからね!
こうやってラストエフエムのランキングを貼ったりするのは後々自分で見返した時に、あぁーあの頃この曲良く聴いてたよねって懐かしむためだったりするんですが、既に今でも曲名見てるだけでこの曲聴いてた頃ってどういうことやってたか思い出してくるから不思議です。



以上、2013年をまとめたつもりがむしろぐちゃぐちゃになってしまった感はありますが、こんな2013年の音楽ライフを過ごしてました。
とにかく言える事は2013年も本当に楽しかったってことですね!
イベントで交流してくださった皆さん、ブログを見に来てくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

スポンサーサイト

テーマ : 同人音楽活動
ジャンル : 音楽

プロフィール

彼方

Author:彼方
同人音楽とボイスドラマをこよなく愛してます。

2017秋M3チェックリスト【10/24更新】

mixiにも生息してたりするのでお気軽にどうぞw

■過去のリンク集
個人的M3-2009-秋のリンク集
個人的C77のリンク集
個人的M3-2010-春のリンク集
個人的C78のリンク集
MUSIC COMMUNICATION 2リンク集
個人的M3-2010-秋のリンク集
個人的C79のリンク集
M3-2011-春のチェックリスト
C80チェックリスト
M3-2011-秋のチェックリスト
C81のチェックリスト
C81のリンク集
M3-2012-春のリンク集
M3-2012-春のチェックリスト
C82リンク集
C82チェックリスト
2012秋M3チェックリスト
C83チェックリスト
2013春M3チェックリスト
C84チェックリスト
2013秋M3チェックリスト
C85チェックリスト
2014春M3チェックリスト
C86チェックリスト
2014秋M3チェックリスト
C87チェックリスト
2015春M3チェックリスト
C88チェックリスト
2015秋M3チェックリスト
C89チェックリスト
2016春M3チェックリスト
2016秋M3チェックリスト
2017春M3チェックリスト



Twitter








■リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
お好きにどうぞ♪
音の迷宮バナー
OzoneAsteriskの雛瀬さんに作って頂きました!バナーはお持ち帰りでお願いします。


■連絡先
何かございましたら拍手・メールからよろしくお願いします。
kanatang_music☆yahoo.co.jp
☆→@に読みかえてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR