スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年の特に良く聴いたお気に入りCD~PART1~

色々なサイトの方がやってらっしゃる2010年のお気に入りCD。
何番煎じかわからないですが私もやってみようかと思います。
何気にこういうブログをやっているわりに表立っては好きなサークルさん名とか書いてない気がするので、こいつこんなの好きなのかぁーっていう今後の指標にでもなればと思います。

ちなみに合計で8枚という中途半端な数ですw
理由としては、お気に入りCDは他にもたくさんあったりするのですが、イベント後かなり長い期間一日一回は聴かないと気がすまない!!ってくらいにヘビロテしたCD達のみを今回は挙げようと思ったからです。
その他のCD達も今後簡単ではありますが書けたらいいなぁって思ってます。
なんたって春のM3までかなり期間ありますからねぇ^^;

少ないくせに2回にわけて取り合えず4作品ほどを。
ではいってみましょう!!
どうぞー。


狂妄ドルチェ / Kleio
狂妄ドルチェ
発表時期が2009年の冬コミということもあってか2010年で最もたくさん聴いたCDです。
ダークで歪な世界観をまとったゴシックメルヘンCD。
3曲入りでシングル程度のボリュームなのだけど、各曲に確立した世界観があるのでどっぷり浸れて大満足でしたw
マリス視点で黒く狂気を帯びた歌詞とは裏腹に澄んだシンセが光る疾走感溢れる1曲目は聴いてて気分爽快!!
2曲目「月星ワルツ」は、ワルツ調の曲でピアノとストリングスの優しいメロディにのせて紡がれる二人のハーモニーがヤバイ!!w
とても柔らかい歌い方をしていて他を寄せ付けない空気感に満ち溢れてます。まさに二人だけの世界!!実に美しいです。
タイトルチューンの3曲目は、フランシスカ視点の曲でスローでもやーっとした感じの不思議な曲調。
とにかくえるもさんの儚げな歌い方がまた綺麗なんですよねぇー。
終始聴こえるパッド音とか風みたいな音が霧の中のもやっとした感じが出てて凄い好きです。
これまでのKleioの作品は、メタリックなキラーチューンで一気に引き込むってのが多かったけど、これはどちらかというとスルメCDでした。
その分、一番長くじっくり聴いてる印象。

実は、2010年の秋M3の直前から1週間程度ショートドラマが公開されてたみたいなんですが、見事に気づいた時には撤去されてました・・・
何やってんだ自分orz



Chronus / muon
Chronus
ただいま個人的に超注目のサークルさんであるmuonの2nd CD。
1stから約1年間、じっくり練り込まれているだけあっておそろしいほどクオリティがあがってます!
淡い水彩画風のジャケ絵からも想像出来る優しく儚い雰囲気に満ち溢れたファンタジックな一枚で、音作りが凄く丁寧で柔らかくて素晴らしい。
絵本を読み聞かせるかのような曲構成が凄くツボったw
全曲大好きなのだけど、やっぱり一番好きなのは2曲目の「時を見届ける者」です。
2009年秋M3で「Chronus」のデモ盤として無料配布された曲で恐らく本作のメインテーマ曲。
神秘的で美しいメロディと壮大なストリングスを透明感溢れるボーカルが歌い上げる。歌詞が造語ってのがまた良さを引き立ててる気がします。
途中に時計音と共に静かになってオルゴールと波音が入る部分、ちょっとしんみりして超好き><
このメインテーマの主旋律が今後もところどころ出てくるのもゲーム音楽っぽくて良いです(ぇ
全曲どんどん転調して場面が変わって行くのも絵本を見てるようで楽しい^^
民族音楽調とか優しい曲調が好きなら気に入る可能性大なんじゃないかと思いますw
ちなみに最後の曲は語りオンリーなのだけど、おじいさんがまた良いこと言うんですよねぇ。
そしてメロディーが1st持ってたらちょこっとニンマリ出来ます(笑)
サイトに試聴もあるので是非一度聴いてみて頂きたいところです。



Canna Cinq ~ある姫君と人形師の話~ / Ritorno
Canna Cinq ~ある姫君と人形師の話~
2009年春M3で「Canna Duex~ある少女と霧の話~」を買って衝撃を受けて以来、WEB配信のボイスドラマ含め追い続けてるサークルさん。
お話しの内容はあえて書きませんってかどう書けばいいかわかんないし^^;
本作も、ミュージカル風ドラマCDでドラマパートが6割、コーラスパートが4割って感じでしょうか。
遊び心たっぷりで「霧の話」を持っているとにやりとする仕掛けっというか設定があって、こういうのは凄く嬉しいですw
シナリオ構成とかセリフ回しがとても上手で、一度目は気づかなかった複線も次回からはこういうことかぁーっとニヤニヤ聴けたりします!
音楽関係を全てサークルメンバーの方がしてるので、空気読めっていうBGMもなく、何よりもコーラスパートのメロディが逸材。コミカルで可愛らしい曲、ノリノリでテンション崩壊しそうな曲、哀愁漂う泣きメロ、優しげなデュエット、そして重厚なコーラス等聴きどころなど場面にあわせて登場してきます。
ドラマパートから歌パートへのうつりはとても自然に入ってくるようで流れるように最後まで聴けちゃいます。
ちなみに3曲目「機械人形」の後半のコミカルなところが特に大好き!声の被せ方とか色々な登場人物が歌ってて楽しいわー。
ボイスコさんに若干恥ずかしさとか初々しさを感じるけどそれはご愛嬌。



forenoon for sleep/wonderland / ロリィタノイロォゼ
forenoon for sleep/wonderland
最新作では少しスタイルが変わってしまいましたが、今作はこれまでどおりのピアノ弾き語りの静かで優しい曲調が中心の作品となってます。
美しい泣きメロの連続でりみゆさんのメロディセンスが凄く際立ってます!
繊細かつ少し痛々しさもあるポエムのような歌詞もとても魅力的。
正直細かい込められた思いとかは良くわかんない人なんですが独特な雰囲気が好きです^^;
あと個人的に彼女の歌声を何かに例えるなら「吐息」かな、消え入りそうなくらい儚げで少しボヤーっとした感じからこういう印象に。
特に好きな曲は5曲目の「guimauve」で過去作含めても屈指のバラード曲でこのCDを持ってる方は真っ先に耳に残った曲ではないでしょうか?
唯一デモ版だけど収録された「ガーデン」もメロディがメチャクチャ綺麗で完成版は間違いなくはまる自信があるw
ちなみに普段は過去作と共に作業用BGMとか布団に入って流しながら寝ることが多いです!
りみゆさんの曲って心を落ち着かせてくれる癒し効果があるんですよねぇー。

どうでもいいことですが、最近良く同人音楽界隈でライブをするサークルさんが増えてますが、個人的に一番行きたいサークルさんはロリィタノイロォゼだったり^^;
かなり前に名古屋でライブをする構想があるようなこと聞いたことがあるので期待してます!



最初の4作品はこんな感じー。
自分でも何書いてるのか良くわからん文章になった^^;
それに何気に同人音楽.bookの焼き直しに・・・気にしたら負けですね。


スポンサーサイト

テーマ : 同人音楽活動
ジャンル : 音楽

プロフィール

Author:彼方
同人音楽とボイスドラマをこよなく愛してます。

2016秋M3チェックリスト【10/27更新】

mixiにも生息してたりするのでお気軽にどうぞw

■過去のリンク集
個人的M3-2009-秋のリンク集
個人的C77のリンク集
個人的M3-2010-春のリンク集
個人的C78のリンク集
MUSIC COMMUNICATION 2リンク集
個人的M3-2010-秋のリンク集
個人的C79のリンク集
M3-2011-春のチェックリスト
C80チェックリスト
M3-2011-秋のチェックリスト
C81のチェックリスト
C81のリンク集
M3-2012-春のリンク集
M3-2012-春のチェックリスト
C82リンク集
C82チェックリスト
2012秋M3チェックリスト
C83チェックリスト
2013春M3チェックリスト
C84チェックリスト
2013秋M3チェックリスト
C85チェックリスト
2014春M3チェックリスト
C86チェックリスト
2014秋M3チェックリスト
C87チェックリスト
2015春M3チェックリスト
C88チェックリスト
2015秋M3チェックリスト
C89チェックリスト
2016春M3チェックリスト



Twitter








■リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
お好きにどうぞ♪
音の迷宮バナー
OzoneAsteriskの雛瀬さんに作って頂きました!バナーはお持ち帰りでお願いします。


■連絡先
何かございましたら拍手・メールからよろしくお願いします。
kanatang_music☆yahoo.co.jp
☆→@に読みかえてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。