スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016秋M3お疲れ様でした!!

M3に参加された皆様、お疲れ様でした!
事前に寒くなるぞ!って言われていたこともあって、朝の待機列とか覚悟していたんですが、思っていたよりは寒さがマシで中に入ってからはとても過しやすい一日になりました。
今回も朝早くからリスナー仲間と集まって中々充実した待機列になりました。
これもイベントの醍醐味ですね!
開場後は、事前に最初に行くと決めていたautumnbaguettteに行って、そのあとはMamyukkaに行って、その後は…そこらへんから早くも記憶が曖昧に…。
ボイドラ島に早く行かないと、なくなりそうな作品がいくつかあったので、序盤の第一展示場は10枚くらいCDをゲットしてからそそくさと第二展示場に!
その後、第一展示場に戻ってからはずっと第一展示場いた感じです。
顔なじみのサークルさん以外にも顔を覚えてくれているサークルさんがいて話しかけてくれてほっこりしたひと時を過ごしたりと、とても充実した一日になりました。
ハロウィンの時期と言うことで、お菓子をたくさん貰えたのもちょっぴり嬉しい!
若干、お話したかったサークルさんとなかなかタイミングが合わなくて、お話出来なくて残念だったこともあるんですが、そのあたりは次回にリベンジしたいと思います。
さて、イベント後の記事と言えば恒例の戦利品晒しですよね!
っと言うことで、今回もたくさん買ってきました!!


■戦利品
戦利品1

戦利品2

戦利品3

スペースに行って完売してしまっていたのは、藍月なくるさんの作品くらいかな?
プレス作品だろうから大丈夫だろうと思っていたんですが甘かった…。

現在、Kattriaの「Into the Story」、autumnbaguetteの「ウサギの泉」「Ministerium」「Quick Ones Lock」、At the Garretの「屋根裏美術館-West Wing-」、BouQuet*の「BouQuet*」、GUINESの「カルマ~戦端~」の7枚を開封。
開封した作品はどれもとても良くて今回豊作だなーって思いました。
もりもり聴き込まねば!
この中でもautumnbaguetteの「ウサギの泉」に収録の「イバラの城」を特にたくさん聴いてます。
初めて買うサークルさんなので新鮮に感じる部分もあるんでしょうが、クラシカルでメルヘンチックな曲調とメロディ、儚げなウィスパー系の加工ボイスが妙にマッチしていて、中毒性が半端ないです。
何よりメロディが本当に良いなー。
新譜もとても良くて独特の世界観があって、個性的なサークルさんで今後も追い続けたいですね。
一緒に朝並んだリスナーさんも結構ゲットしていたので、そちらの感想も気になるところです。
GUINESは今回もアトリエおじさんが出てきていてちょっとテンション上がりましたw
スペースでもアトリエおじさんの話ばかりして大変申し訳ありませんでした…でも初期から出ているキャラクターで妙に愛着あるんですよね。
過去作ともつながりのある作品でにやり要素満載で良かった。
それにしても神崎さんのちょっとおかまっぽい?変態役が凄くはまっていてにやりとしました…w
どうも最近、良い!以外の感想がなかなかうまく表現できないので、たまにはしっかりした感想をブログであげていきたいところです…。
なにはともあれ改めましてM3お疲れ様でした!
スポンサーサイト

【M3-2016秋】特に期待の音楽CD+α

M3まであと2日ということで、最後に特に気になる作品をいくつか挙げて、イベント前の更新は終わりにしようと思います。
それにしても日曜日の天気予報ですが、昨日見た時は降水確率20%だったのに、今見たら40%に上がってるという…気温も最高14℃とかもうどのくらい暖かくしていけばいいのかよくわからなくなってきました…。
ほんと困った。
とりあえず最終版のチェックリスト貼っておきますね。

2016秋M3チェックリスト

-------------------------------------------------------------------------

・まずは特に期待の5作品を!

■C12a
Ministerium / autumnbaguette
Ministerium
過去の記事でも書いてましたが今回のM3で初めて知ったサークルさんでは一番楽しみにしている作品。
教会と魔女をテーマにした作品のようで、ボーカル曲2曲+インスト曲4曲の6曲構成のようで、クロスフェードデモが公開されてます。
現時点では歌入りの試聴は間に合っていないようでとりあえずインスト版の公開となっていますが頒布される作品では歌入りになっているはず!
教会チックということもあってチャーチオルガンとかチェンバロ系の音がたくさん使われているのはとてもポイント高いですね。
どの曲が歌入りになるのかは全然わからないんですが、全体的にメロディラインが良さそうなので楽しみです。
ちなみに2016年春M3に頒布された作品がめっちゃ良くて、新作よりもどちらかというとそちらを絶対ゲットしたいなーと!

・ウサギの泉 / autumnbaguette

おとぎ話をモチーフにした作品みたいで、ウィスパーボイスとファンシーな曲調がとても独特で凄く癖になる!
アレンジの楽器構成も個人的に好きな感じなんですよねー。
もう何度試聴したことか…2曲とも素敵なんですが、特に2曲目がめちゃくちゃ良いですよ!



■D17a
春告の贄 / ali-color
春告の贄
今回の幻想的・ファンタジック枠ではこの作品が断トツで良い感じです。
とにかく綺麗で透明感のある歌声が作品の世界観とマッチしていて素晴らしい!
フルバージョンが公開されているSchwurが特に良さげで漂う哀愁が半端ないです…。



■G23a
BouQuet* / BouQuet* 
BouQuet*
花をコンセプトにした如月梢さんと高橋そらさんのツインボーカル作品。
ジャケの雰囲気からは可愛く明るく!って作品なのかな?って思ったんですがどちらかとしっとり切ない曲が多い目な印象。
なのでよりお二人の歌声を堪能できる作品になっているのかなって。
毎回お名前をあげる度に書いてるんですが、私は高橋そらさんの声がとにかく好きでして…ほんと歌作品を出してくれて嬉しいです!
そういうこともあって、一番期待の曲は5曲目のミモザですね!
こちらは明るく勢いのある曲で伸びやかで芯のとおった高橋さんの声がほんとに合っていて素敵です。
他にも8曲目のジニアとかも良い感じ。
奏月すいむさんのメロディが個人的にはとても合うんですよね!



■J15b
屋根裏美術館 -West Wing- / At the Garret
屋根裏美術館 -West Wing-
屋根裏美術館Eastの対の作品Westでずっと楽しみにしていた作品。
ジャケ絵は前回と一転して、暗く荒れ果てた感じになっていて、東は「生」、西は「死」っていうのがジャケ絵からも現れてますね。
全曲試聴は出ろそってますが、今回は全体的にしっとり切ないバラード曲が多い印象で、私はバラード好きなのでとても嬉しいです!
その中でも5曲目の試聴が特に良さそうだなーって聴いてます。
あっ、もちろん疾走曲もアトギャレと言えば!って言うちょっとコミカルで可愛らしい曲も入っていて、そちらもポイント高いですね。
私のブログでは毎回必ず期待の作品にあげていているアトギャレですが、今回も文句なしで期待します。



■L20b
Into the Story / Kattria
Into the Story
前作から3年の期間を経て再始動したKattriaですが、これまでの作風を汲んだ物語の幕開けを歌ったような作品で、タイトルチューンのメロディがめちゃくちゃ好みでとても良いですねー。
鍵盤とストリングスをメインにした楽器構成も私好みで、音が薄いかなって感じる方もいると思うけど、歌声ともマッチしていてとても良い。
弾むピアノが良いよね!
特設サイトではワンコーラスのみの公開ですが、先日あったあぷらじでは更に長く試聴が聴けたんですが、長いバージョンで聴いた方が疾走感を感じられて良かったですよ。
弾き語り系のバラード曲もウイスパー系の歌声と切なげなメロディが魅力的で、ピアノのライン本当に綺麗です。
バラードの中でもどちらかと言うと光が差し込んでくるような希望に満ちた雰囲気があって良い感じです。
やはりこちらもメロディラインが良くて、さらに私はピアノバラードに滅法弱いので最終的にはこちらの方が好きになる予感がしていたり。



-------------------------------------------------------------------------

・ボイドラではこちらに期待!

■コ36b
GLASSES BREAKER'SⅢ Knockin' on Heaven's door / ひげと砕牙のダメになるラジオ
GLASSES BREAKER'SⅢ Knockin' on Heaven's door
過去2作もかなり楽しい作品で大好きなシリーズ作品の第三弾で今作のCMが色々な意味でぶっ飛んでいてグッドです!
好き勝手にやってる感が聴いていて楽しくて好きなんですよね。
何よりテンポが良くて、メリハリもあるので聴いていてあっと言う間に終わってしまう魅力があります。
約70分もあって2枚組でボリュームたっぷり。
今回のM3で、一番ほしいボイスドラマです!
ちなみに私の好きなキャラクターはドMの変態テオさんですね。
果たして今回はお馴染みの変態シーンはあるのでしょうか…。



■サ29a
PERFECT BLUE / 空想科学研究所
PERFECT BLUE
空想科学研究所、過去作が一癖も二癖もある個性的な作品を作られていて、今では私のお気に入りのボイスドラマサークルさんに!
これまではミステリー要素の強い作品を出していて、声劇ならではの終盤のどんでん返しに、おおっ!!っとさせられてきたので、ジャケ絵的には、ほんのり百合っぽさを感じる感じだけど、たぶんそんな単純な話ではないんだろうなと楽しみにしています。
ヒロインが今注目の浅見ゆいさんってのもポイント高いです!
近未来的な世界観果たして…。



■サ32b
April scherzo / Vitraloqui
April scherzo
「都内某所の某アパートからお送りします」略して「アパートBxB」リスナーとしては、この作品に期待せざるをえないです!
それにピアノが関係する話って大体良い作品率高いんですよねー。
カフェでのひと時っぽいので場面転換も少なさそうでそういう作品も大変好みです。
甘酸っぱい恋物語になってそうでニヤニヤ要素もありそうだ!
ボイスコさんも全体的イケボイスな方々がそろっていてとても豪華。

2016秋M3メモ~PART3~


・2016秋M3気になるサークルさん

■C12a
Ministerium / autumnbaguette
Ministerium

個人的にずっと特設サイトが公開されるのを楽しみにしていたサークルさんで、ついに特設サイトが公開されました!
以前の記事にも書いたように春M3で頒布された作品を試聴して、今回のイベントで初めて買うサークルさんの中で一番注目してたりします。
新作は、教会と魔女をテーマにした作品のようで、ボーカル曲2曲+インスト曲4曲の6曲構成のようですね。
インスト曲ですが1曲試聴が公開されています!
メルヘンチックだけどどこか怪しげな雰囲気もあって、メロディもなかなか良い感じで、他の収録曲もとても気になります。
特にやっぱりボーカル曲がね。
クロスフェードデモも作成中っぽいので公開されるのが楽しみです!



■F07a
THE CINEMATIC CIRCUS / STUDiO MONOBEAT
こちらのサークルさん、可愛らしさと癖になるメロディが魅力的で毎回新作が出るたびにチェックリストで一番ほしい赤色にしてる気がしますね。
今回も相変わらず不思議な曲調の曲があってとても良い感じです。
その中でもクロスフェードデモの2分13秒から聴ける曲がほんと可愛くて特に好みですねー。

2016秋M3メモ~PART2~

M3まであと10日ということでそろそろ当日の天気予報が気になりだした今日この頃。
前回の記事にも書きましたが新作情報がどんどん出てきて毎日チェックするのが楽しくて嬉しいです!
今週末がきっと新作情報のピークだと思うのでもりもりチェックせねば。
そうそう今週末といえば、大阪で某アイドルグループのライブがあってそれに参戦予定なのでそちらもとても楽しみだったり!
あっ、二つしたの記事にもリンク載せていますが、チェックリストもかなり埋まってきたので改めてペタリ。

2016秋M3チェックリスト

-------------------------------------------------------------------------

・2016秋M3気になるサークルさん

■A01b
世界空想楽大系 / Mamyukka
世界空想楽大系
Mamyukkaの新作は新たに書き下ろした新曲1曲を含む15曲入りのベストアルバム。
個人的には、好きなサークルさんの作品は大体全部持っているので、ベストアルバム!やったー!!とかにはならないタイプなんですが、そこはMamyukka、単なる過去曲の詰め合わせではなく、80ページフルカラーカバー付の設定資料集がついてくるお得仕様。
普通に設定資料集のみの頒布でもほしいくらいです!
深海図鑑のページがめっちゃ気になってる。
さらに資料集には積み込み切れなかった分もあるようで、ダウンロード特典もあるみたい。
そのダウンロード特典ですが、なんと「10cider 続編小説 1~10話」があるみたいで、これはほんと楽しみです。
むしろボイスドラマで聴きたい…作ってほしいな…。
あっ、ちなみに収録曲では「千夜一夜」が特にお気に入りで、情熱的で胸熱な曲ですよ!!



■E23b
三毛猫探偵と午前0時の時計台。/ airy bird
三毛猫探偵と午前0時の時計台。
ここ最近、お気に入りサークルになりつつあるairy birdですが、特設サイトがついに公開になりました。
全体的にファンシーで可愛らしい曲が多い印象。
3曲目が特にいい感じです。
初回生産分のみ『ライナーノーツ』が付いてくるみたいなので早めにスペースに行かねば!



■コ36b
GLASSES BREAKER'SⅢ Knockin' on Heaven's door / ひげと砕牙のダメになるラジオ
GLASSES BREAKER'SⅢ Knockin' on Heaven's door
過去2作もかなり楽しい作品で大好きなシリーズ作品の第三弾で今作のCMが色々な意味でぶっ飛んでいてグッドです!
好き勝手にやってる感が聴いていて楽しくて好きなんですよね。
何よりテンポが良くて、メリハリもあるので聴いていてあっと言う間に終わってしまう魅力があります。
約70分もあって2枚組でボリュームたっぷり。
現在、一番ほしいボイドラです!
ちなみに過去作はWEBで公開中なので、そちらを聴いておくとより楽しめる作品になってると思います。

2016秋M3メモ~PART1~

M3まであと二週間ということで少しずつ特設サイトとか新作情報が出てきました。
良さげな作品もたくさんあって今から本当に楽しみです!
そして個人的には来週とあるライブを観に行く予定になっていてそちらも凄く楽しみだったりします。
明日もきっと色々新作情報出てくると思うのでしっかりチェックせねば。

-------------------------------------------------------------------------

・2016秋M3気になるサークルさん

■G13a
・クロニクル / とんかつぺんぎん
クロニクル
まももさんとnayutaさんのユニット作品でこれまでニコニコ動画等で曲を公開されていたと思うんですが、今回ついにアルバムが頒布されるようです!
ただこのアルバムを最後に活動を終了されるということでちょっと寂しい…。
爽やかなポップ曲やしっとり切なくノスタルジーな曲が入っていたりと、全体的に癒し系の曲が多い印象ですね。
nayutaさんの歌声がしっかり映える曲が多くてとてもいい感じです。



■L20b
Into the Story / Kattria
Into the Story
前作から3年の期間を経て再始動したKattriaですが、作曲の方が抜けて、現在はボーカルの方が一人で作詞作曲アートワークまでこなしていて本当凄いなーと。
これまでの作風を汲んだ物語の幕開けを歌ったような作品で、タイトルチューンのメロディがめちゃくちゃ好みで何度も視聴を聴いてしまってます。
鍵盤とストリングスをメインにした楽器構成も私好みで、音が薄いかなって感じる方もいると思うけど、歌声ともマッチしていてとても良い。
弾き語り系のバラード曲もウイスパー系の歌声と切なげなメロディが魅力的で、ピアノのライン本当に綺麗です。
以前「揺れる花」って曲を公開されていたんですが、そこからかなりクオリティも上がっているので今後も含めて凄く期待してます。



■お01a
Polaris Feat. nayuta / 3t1a.net

https://soundcloud.com/3t1a/polaris
こちらもnayutaさんボーカルのテクノ系の要素の強い作品だけど、こういう作品にもとても合って良いなーと。
最近nayutaさんの作品で好きな曲が多いので今回のM3は参加されている作品がたくさんあって嬉しいです!

2016年秋M3チェックリスト作り始めました!

やっと公式サイトのサークルリストが正式に公開されましたね。
とりあえずサラッとサークルリストを回ってチェックリストを作り始めました!
少しずつ特設サイトを公開するサークルさんも増え始めて、いよいよイベントまであと少しって気持ちも高まってきました。
サークルチェックが楽しくなる季節が来てとても嬉しいです!!

2016秋M3チェックリスト

-------------------------------------------------------------------------

・2016秋M3気になるサークルさん

■B03ab
・Reflection / Seraph
Reflection
光の巣さんが作曲陣からいなくなってしまって独特の空気感は薄まってしまった気はしますが、本作の雰囲気も結構好きな感じ良かったです。
新たな作曲陣は、アルスマグナ繋がりのお二人が参加。
クロスフェードデモの中では最初の曲がスローでどこか愁いを感じる雰囲気で好きですね。
あと最後の曲が疾走チューンで凄く格好良い!



■C12a
・ウサギの泉 / autumnbaguette

https://soundcloud.com/kano_yamaya/2016m3-1
2016年春M3の作品なんですが前回ではチェックが漏れていたようで今回絶対ほしい作品。
曲名を見る感じだとおとぎ話とかをモチーフにしてる感じなのかな?
ウィスパーボイスとファンシーな曲調がとても独特で凄く癖になる!
アレンジの楽器構成も個人的に好きな感じなんですよねー。
何やら作曲もボーカルもお一人でやられているようでちょっと驚きました。
秋M3の詳細情報はまだ出ていないんですが、何やら教会チックなフルアルバムを予定されているようで、これは期待せざるを得ないですね。
今のところ新しく知ったサークルさんの中では一番期待してます!



■J15b
・屋根裏美術館 -West Wing- / At the Garret
屋根裏美術館 -West Wing-
屋根裏美術館Eastの対の作品Westの試聴が開始されました!
オーケストラを中心としたしっとり切ないバラード曲とても良いですね。
やはりAkariさんはバラード曲の方が声が映えてあってるなーっと。
マリンバがころころとリズミカルな2曲目は、曲調も可愛らしくcotoさんの声質にほんとぴったりで聴いていて楽しい楽曲。
私があとぎゃれにはまったきっかけになったテアトルにも繋がる雰囲気がありますねー。
8曲とボリュームたっぷりで、徐々に試聴も公開されるようなのでとても楽しみです。

秋M3のカタログ買ってきました!

お久しぶりです!
よく見たら夏コミの戦利品すら上げていなかったようですね…
とりあえず秋M3まであと4週間と言うことでカタログ買ってきました。
本格的にチェックリストを作ったりするのは、公式リンクが公開されてからになると思います。
相変わらず個別記事はあまり書けないかもですが、チェックリストだけはこまめに更新していこうと思うのでよろしくお願いします。


■最近買ったCDとか

前回の記事にも書いていたのですが現在モーニング娘。'16にドハマりしてまして過去作をレンタルして、レンタルしてないCDは買ったりしていたら気づいたらこんなにたくさん買ってました。
EDMサウンドからプラチナ期と言われている一昔前の作品まで改めて聞いてみると良い曲が多くてどんどん昔に遡ってる感じですね。
秋のコンサートも始まっていて、大阪にも2回来るようでこれは行かねば!ってなっていたり…。
我ながらこのはまりっぷりにはちょっと驚いています。

------------------------------------------------------

カタログ発売も始まったと言うことで特設サイトや試聴を公開しているサークルさんがちらほらと。
現時点で結構良いなって思ってるサークルさんをとりあえず貼っておきます。

■D17a
・春告の贄 / ali-color
春告の贄
結構前から特設サイトと試聴が公開されていたのですでにかなりの方がチェックされていると思うんですが、春の作品に引き続き今作もとても良さげです。
フルバージョンが公開されているSchewurって曲がピアノと神秘的な歌声がマッチしたどこか哀愁漂う曲でめちゃくちゃ良いです。
ドラマCDの挿入歌集みたいだけど、本編知らなくても十分楽しめそう。



■G11b
・Gauche Gears / koloro

今回はゆったりした曲調が多い印象。
その中でも5曲目が切ないメロディと歌声がとても好みですね。



■G23a
・BouQuet* / BouQuet*
BouQuet*
花をコンセプトにした如月梢さんと高橋そらさんのツインボーカル作品。
色々なところで一番好きなボイスコさんは高橋そらさん!って言ってたりするんですが、歌声も凄く好きでついにがっつり歌作品を出してくれてとても嬉しいです!!
明るく伸びやかな5曲目が特に良さげで楽しみです。

今週末はもう夏コミ

どうもお久しぶりです。
夏コミがもう今週末に迫ってきているのにチェックもほとんどせずにぐうたら状態の彼方です。
今回も二日目と三日目は行く予定で新幹線とホテルを取っているのでこれはまずいということで、今更ながら少しずつチェックを始めました。
イベント直前に山の日が出来て、ちょうど休みでその日にチェックが出来るので、本格的に追加するのは11日になりそうな予感です。

ここ最近、ハロプロの舞台劇のリリウムの存在を知って、劇中歌を聴いてみるとめちゃくちゃ良くて、そのままDVDとサントラ買って、その流れで他の舞台劇のDVDをあって、最終的には昔話題になったらしいモーニング娘。のHelp me!!のダンスverのプロモーション見て、EDMサウンドのモーニング娘。なかなか良いんじゃね?ってことでCDも買う羽目に…まあそんなこんなな生活をしておりました。

まあそんなことはいいとして、とりあえず作成中のチェックリストを貼っておきます。
パッとサークル一覧を見た感じだとあまり数は増えない感じがしますね。
ここにはまだ載せてないですけど、一番期待が東方アレンジのてぃあなんちゃらさんになりそう…。

C90チェックリスト

好きなボイドラ作品を色々と挙げてみた

先日、ツイッターで「#勝手に好きなボイドラサークルさん敬称略と好きな作品名も書く」のタグがあったので私もやってみたんですが、どうせならブログに残しておこうということでこの記事を書いてます。
それに夏コミ前まで更新予定がないので、どうせなら何かしらおすすめ作品を貼っておいた方が良いですしね!
それでは早速色々好きなボイドラ作品(敬称略)を挙げていこうと思います。
ルールとしては、同じサークルさんの作品は一つしか挙げないこと!
あと、過去の記事を流用しまくりなのであしからず。

-----------------------------------------------

・まずはCD作品縛りで。
(ツイッターに挙げたまんまですが…)

■Rose Garden「神様の失敗作」
私が初めてイベントで購入したボイドラCDだったりします。
当時はボイドラとか全然知らなかったんですが、悠姫ありすさんが参加されていたということで買った記憶があります。
(何をきっかけか忘れたけど悠姫ありすさんのWEBラジオを聴いてたんですよね)
仔虎しおんさんがヒロインをやっていて、こんな素敵な声の方がいるのか!ってビックリしたのを覚えてます。


■R@Gseed「Andante」
一応BL作品になるんでしょうかね?
ちょっと仲がいいなあ程度ってこともあってやり取りが実に微笑ましいです。
天才ピアニストの葛藤を描いた作品で、優しいお話と登場するピアノのメロディが好きすぎてもう…。
主題歌とか100回以上聴いてますからね!


碧空プラネタリウム「霧の中のロビン」
「誰しも時と共に心の奥に忘れてしまう、大切な思い出」をテーマにコルリ(姉)とロビン(弟)が織り成す可愛いらしい童話のような物語。
冒頭から「弟が二人になっていた」という反則的なまでのインパクト!!無邪気に動き回る二人のロビンが可愛くてニヤニヤしていたら屋敷が閉鎖空間になったり、謎のお爺さんが現れたりと、わくわくする展開の連続で楽しさ優しさに満ち溢れた素敵な作品です。
ちなみにこの作品、私が尊敬するレビュアーさんが感想を書いていて、この作品を聴いたことある方には是非読んでいただきたいところ。


■NOMARK「GODCHILD」
中世ヨーロッパを舞台にした少年と少女の出会い、そして裏切りを描いたお話し。
ドラマパートと音楽パートを上手く組み合わせた構成は当時こんな作品もあるんだーって驚かされました。
驚くほど自然な流れで音楽パートが入ってきて、途中合いの手があったりと遊び心もたっぷり。
「黄昏カーニバル」は本当に良く聴いたなー。
彩透瑠津さんをめっちゃ好きになった作品。
純粋にボイドラだけだと、ハッチャケシリーズとかBrier Roseが好きですね。


泡沫セレネイド「ユウグレデイドリーム」
シリアスなところとおちゃらけたところのバランスがちょうど良くて、また舞台設定がとても不思議で魅力的なので、次が気になる!!ってな具合に一気に世界に引き込まれた作品。
暁うざい!で有名な作品(笑)ですがのチャラい話し方の裏には秘められた愛情みたいなものを感じますし、人間味を凄く感じでとても好きです。
そしてね。最後がね。とてもね。心温まるんですよ。好き。
更科さんを知ったのがこの作品だったりします。


空星ビー玉「Colorful」
色を失った空虚な少女彩と青年虹との出会い、そして何気ない会話や生活の中で徐々に変わって行く少女彩を描いた作品。
この作品を一言で表現すると感情の洪水ですね!それくらい彩の感情がぶわぁーって溢れてます。
8つの色をモチーフに紡がれる朗読風のお話しは、彩の心情を繊細に描き出していて締め付けられるような切ないシーンもたくさん。
もちろんそれだけじゃなくて虹との穏やかなやり取りも好きなところの一つなんですけどね。
彩役の高橋そらさんは、私の一番好きなボイスコさんだったりするんですが、改めて表現力の高さに驚かされました!
特に静かだけど揺れ動く気持ちを語るシーンは凄くグッときます・・・この作品本当に大好きです!


Spiral Spirit「TOKYO23区2011秋号」
東京23区の擬人化ボイスドラマ、このシリーズはどの作品もわいわい賑やかで凄く元気を貰えるんですよね。
その中でもシリーズ屈指のテンションの高さが魅力的な2011年秋号は、オタク街でのお話しがたくさん入っているのもなんか嬉しくて親しみやすいですw
時事ネタやギャグを織り交ぜた各区にスポットをあてたお話しは、楽しいだけじゃなくて勉強にもなったりしています(笑)
各区の特徴を捉えたキャラクターは、みんな何だか可愛くて、キャラクターに対する愛を感じますし、それがより一層愛着に繋がってますね。
ちなみに一番好きなキャラクターはクーデレな千代田さん!!港君にだけ見せる豹変ぶりが実に微笑ましいですw


Greedian「Deadly Crisis」
人がバタバタと死んでいくことで有名なGreedianのギャグホラー作品で本作も期待を裏切らない死にっぷりでかなりインパクトありました。
不可解な事件に巻き込まれる普通の事務員アレン君のキャラとテンションがとにかく聴いていて楽しくてですね…。
そしてお話が進むにつれて彼が成長していってるのを感じてなんだか嬉しいです。
あっ、ちなみに過去の記事に感想挙げてたりします。我ながら珍しい。


PiPoworld「アルカナと魔女」
ツンデレ系魔女のゼシルシアちゃんが可愛い!とにかく可愛過ぎる!!
序盤の和やかで平和な日常でのアルカナとの掛け合いがほんとに好き過ぎてやばいです。、
後半のシリアスなところも回想シーンを上手く織り交ぜていて、主要キャラの過去とか葛藤とかしっかり描かれていてキャラに愛着沸きますね。
そして終盤みんなの熱演凄く良かった。
シリアスな中にもおちゃらけてコミカルな感じが入ってるのも嬉しいし、とにかくゼシルシアちゃんがほんと可愛すぎて…。
それにしても定番と言えば定番だけど、ボイスドラマに出てくる王様のクズ率は異常!


■人間カプリチオ「カワニナル」
ヒロインのファイユの話し方とか雰囲気がどこか不思議な感じで凄く好きなんですよね。
ユキトさんが演じられるキャラで一番好きかも。
静かな雰囲気の中で徐々に距離が近づくファイユと東間ことトーマス、二人の掛け合いがとても和みます。
切なく優しいお話で、最後はほろりときてしまいました…そしてタイトルの意味…グッときます。


iDearoom「ナルコレプシー・フィロソフィー」
静かに流れていく時間の中でかみ合っていく、人とヒューマノイドの物語。
アイビーとサルビアの優しく静かな会話の中で徐々に核心に迫っていく展開、そして終盤で一気に感情が爆発するシーンが素晴らしい!
挿入歌も凄く綺麗でボイドラ曲としては、これまで聴いた曲の中でもトップクラスに好きですね。
長編が多いiDearoomの中では、特に聴きやすい作品なんじゃないかなと。


Arcadia「失楽園」
ここ一年間で聴いたボイスドラマの中で一番好きな作品。
三部作の第三弾にあたる作品で、私はこの作品しか聴いてないんですが、うまく言えないけどとにかく衝撃的な作品でスケールの大きさに唯々圧倒されました。
持ってる方はわかると思うんですが、第四章の前半のヨナとアインの掛け合いが好き過ぎてここばっかり何度もリピートしてます(笑)


-----------------------------------------------

・ここからは今も聴けるWEB作品で好きだったり、好きなボイスコさんを知った作品だったりを。

HBS Company「ぐるぐるクエスト」
ぐるぐるクエスト2
今でも私が愛してやまないボイスドラマで、ボイスドラマをよく聴くきっかけになった作品。
タイトルのとおり魔法陣ぐるぐるとドラゴンクエストのロトシリーズを合わせたパロディで、もうどのネタもにやにやの連続で今でも定期的に聴きたくなる衝動が!
残念ながらぐるぐるクエストⅡはまだ聴けるけどⅠが公開終了してしまってるんですよね…。
高橋そらさんを知るきっかけになった作品。


ハーモスフィア「夜間漂流」
夜間漂流
ボイドラを人におすすめする時に真っ先に挙げる作品。
「夜寝る前にそっと聴ける」ってことをモチーフにされてるだけあって、音感というか雰囲気が凄く落ち着いてて、静かで透明感ある小話ばっかりでついつい独特の世界感に引き込まれる魅力がありました。
ハーモスフィアの独特の空気感は唯一無二で毎回本当に凄いなーって思って聴いてます。


Mamyukka「10cider」
10cider
ハーモスフィアとあわせて、ボイドラを人におすすめする時に真っ先に挙げる作品。
とにかくハイテンションでスピード感溢れるコメディー作品で聴いていてとにかく楽しい!
謎の組織の下っ端メンバー、ワン・ミケ・コンの3人組の掛け合いは必聴もので、本当にテンポが良くてあっと言う間に聴けてしまうのが凄いなあと。
難しいことを考えずに気軽に聴ける作風なのも好きな理由の一つかな。


KINOKHRONIKA RECORD「櫻かそけき花弁」
櫻かそけき花弁
櫻の咲く季節、四人の女性の四つの恋愛物語。
WEBでは四話中三話までが公開されているんですが、どのお話しも静かで切なく透明感のあるお話しばかりで素敵です。
特に一話の「初恋同盟」と三話の「紅花腐し」がお気に入りです。
WEB公開されていない四話ですが、凄く聴きたいんですが、CD購入する前に活動休止してしまって、ゲット出来ずじまい…どんな話なのか聴きたい…ううっ。


ななつあめ「人蟲合戦」
人蟲合戦
正直これいいのかな?って思った作品なのだけど大好きなので入れてみました。
サイトに「ゴキブリ族と人間との仁義なき戦いが、今はじまろうとしている・・・」っとあるように、いわゆる普段の日常でよくあるG様と人間の戦いを擬人化風味を加えて大袈裟にした感じ!
この作品から擬人化系も興味持ったという経緯つきだったり。
話しはちょっとゴキブリ同士のラブロマンス(笑)ありのどたばたコメディで、ゴキブリと言えばっていうアイテムもどんどん登場して本当に楽しいです!


a piece of cake「グランルージュの銀の花」
グランルージュの銀の花
ヒロインのミトスがとにかく可愛い!
心の声がね。特にね。好きなんですよ。
きょろきょろ表情が変わって、テンポも良くて聴いていて楽しい!!
菊池侑那さんを初めて知った作品ですね。


Nameless「今も風は吹いている」
今も風は吹いている
アピロと呼ばれる動力資源をめぐり翻弄される人々を描いた作品。
現在は休止中ですが、WEB作品を中心に活動されているボイスドラマサークルさんの中ではトップクラスにクオリティが高いサークルさんで過去作はどれも大好きです。
そんな中で何故この作品を挙げたかという理由は、第一章の後編の終盤のインパクトがとにかく凄い!
涙なしでは聴けない名シーンがそこにはあった!!
このシーンだけのために聴く価値があると思うくらい好きです。


NeeD-K「骨董屋百貨堂」
骨董屋百貨堂
まるで舞台劇のようにほとんど場面が変らない構成がつぼりました。
「気づいたら、時間が飛んでいるんです」っと相談に来た女性。
骨董屋の店員二人は相談にのってるのかのってないのか良くわからないちょっといい加減で雑談交じりのトークで物語は進んでいきます。
店員二人の絶妙な掛け合いが凄く楽しい!!
ニヤニヤが止まらんですw仲良すぎだろ、この二人!
店員に振り回される女性も実に微笑ましいです。
何気ない会話の中で徐々に時間の謎が解き明かされてきて、最終的には、おおぉ!!ってなりました。
30分と言う短い目のお話しだけど、それだけに凄く濃くて練り込まれたシナリオだと思いました。


おにぎりワゴン「拝啓、お元気ですか」
拝啓、お元気ですか
中学生の頃にあったずっと後悔している出来事に対して、仲良しだった『あなた』に宛てた懺悔の気持ちを綴った手紙。
その手紙を読む形式で進む朗読風の作風が凄く好きで一気に惹きこまれてしまいました。
所々で入ってくる回想シーンの中でそれぞれの思い出とその時の感情を語った語り口は、とても切なくてしんみりしてしまいます。
ちょっと控えめな『私』とはつらつとしている『あなた』、ほっこりする出会い、ここの掛け合いが特に好きなんですよね。
あと、自分自身と『私』の弱い部分に少し重なる箇所があって中盤からの言葉がより染みてくるんですよね・・・ほろり。


rukSiA「Liyndium -リンディウム-」
Liyndium -リンディウム-
中世ヨーロッパ風の世界観と魔女とか魔女の呪いとかファンタジー要素が加わった世界観が素敵。
様々な複線を散りばめた2つのお話しと、その複線を回収していく最後のお話しの構成が素晴らしいです!
それぞれ違うキャラクターにスポットをあてたお話しなんですが、あぁーあの話しにも出てたところだ!
ってシーンもあってニヤニヤ要素が満載!全て合わせると2時間を超えるボリュームなんですが、それでいてアッという間に最後まで聴けてしまうのはお話しの面白さと個性豊かなキャラクター達のおかげですね。
みんな主人公になれるくらい濃ゆいですし!
作中の過去の歴史との繋がりも惹き付けられるポイントです。


NERVE「Vesper Sprite」
Vesper Sprite
自分にとってハロウィンと言えばこの作品!
ダークファンタジーにあたるんだと思うんですが、冒頭の魔女達の会話が凄く好きでBGMもなんか迫ってくる感じが雰囲気出ていていい感じ。
『ここは日常が非現実に成り代わる奇天烈極まりない魔導師の幻想。境界線を踏み越えてしまった一人の少女の物語。』
っというだけあって、シリアス一直線の印象、最初余裕のあった少女が徐々に不安が増していって・・・絶望していく様がなんとも言えないですね。


ひげと砕牙のダメになるラジオ!!「GLASSES BREAKER'S」
GLASSES BREAKER'S
これめっちゃ面白かったです!
スピード感があって気づいたら最後まで
ヨッシーバランさん演じる主人公がとにかくかっこいい!惚れる。
さばさばして躊躇なく銃でぶち抜くこの感覚、妙な爽快感が!!
一番好きなシーンは、ビデオのシーンの悪役ガリエさんのクレイジーっぷりがめっちゃ好きで、ここでの神崎さんの名演技半端ないです!!
神崎さんは、『ma poule』の変態執事ルチアーノ役も好きなんですが、ガリエさんみたいな濁った声のキャラがはまり過ぎていて、本当に濃いキャラが合うなって思いました。


月美るく「さん×とな!」
さん×とな!
俺様サンタとドMな変態トナカイのいけいけどんどんなハートフルストーリー。
私にとってボイドラでクリスマスと言えば真っ先に出てくる作品です。
変態トナカイのマウリツィオが特にいい味出し過ぎていて私が愛してやまないキャラですね!
カチョカヴァロも可愛いし、とにかく超個性派キャラクター達のわいわいがやがやした掛け合いがめちゃくちゃ楽しい!!


JiLpLuG「ひまわりと夏の空」
向日葵と幽霊のお話。
静かでどこか切ない朗読作品。
いつもドタバタした可愛くハイテンションなキャラクターを演じられることが多い菊池侑那さんですが、こちらでは珍しくシリアス一直線で凄く丁寧に演じられています。
少し重々しい空気、淡々とした序盤からじわじわ感情が溢れてきて、最後一気に爆発する・・・ううっ、切ない・・・。
気持ちの篭った演技で微妙な心の動きを表現されていて凄く心に染みます・・・。
朗読作品は、心に秘めた想いを語る作品が多くて、そこが好きなんですよね。
あと大好きな声を堪能出来るのも大きいです(笑)
12分ちょっとの短い作品なので、聴きやすいのもいいですね。


Echo-Tail studio「incomplete -omnibus reading stories-」
Echo-Tail studio
ハーモスフィアの大原さんの個人作品の短編朗読作品集。
5作品収録されているんですが、その中でも特にトラック4の「あて先のない手紙」が大好きで何十回も聴いてます。
タイトルの通りに手紙を読むように進む朗読作品で、とてもノスタルジー溢れる雰囲気がたまりません!
淡い思い出を辿って、小さい頃を懐かしむところがほんと哀愁漂っていてジーンときます・・・。
自分も似たような経験があるので、凄くわかるなぁって聴きながらなってました。
朗読作品は好きになる率が高いんですよね。


数珠世界「境界線」
境界線
W5分程度の朗読風のボイスドラマとなってます。
夕焼けの境界線を探し、いつも夕方に西の空を眺めている男性と学校帰りの私との境界線を巡るお話し。
多くは語らず、短い会話の中で投げ掛けられる問い掛けには、どこか考えさせられるようなところがあります。
余韻を残し、聴き手に答えを委ねる作りも凄く上手いなぁって思いました!
特に語り過ぎずってのがいいですね。私役の方の演技がとても丁寧で聴いてるとなんだか落ち着きます。
BGMもとても綺麗で作品の雰囲気にぴったりなんですよね。
透明感があって気軽にBGM代わりに聴けてしまう作品なので何十回も聴いてしまっていたり!ボイドラ初心者さんに特にオススメな作品。


K.K Project「歌姫アルカの華麗なる哀歌」
歌姫アルカの華麗なる哀歌
音楽を奏でることを規制された国での音楽を巡るお話し。
とてもほろりとくるお話しに仕上がっていて、お話しの中で歌われる劇中歌がまた素敵なんですよね!
その劇中歌ですが、4曲もあって全てフルバージョンが公開されています。
どの曲も綺麗な曲ばかりで歌詞内容は、お話しを聴いた後だとよりジーンと響きます。
このサークルさんニコニコ動画で公開していてちょっと聴き難いのが難点。


HEAVENLY BLU「CRASHER⇔CREATOR」
CRASHER⇔CREATOR
まめこさん演じる爆走少女シュミキの勢いが聴いていてとても気持ち良い!
まめこさんはどちらかと言うとロリ可愛い声が人気だと思うんですが、私はこちらみたいな声が好みだったり。



以上、お気に入りの作品を挙げてみました。
本当は好きなボイスコさんも挙げていこうかなって最初は思ってたんですが無駄に長くなったので止めておきますね(笑)
あと最後に完全に自己満足だけど、昨日CDの整理をした際に音楽CDとボイドラCDを分けて収納したので、現時点で所有しているボイスドラマCDの写真を挙げておこうかと。

■所有しているボイスドラマCD















2016春M3お疲れ様でした!!

M3に参加された皆様、お疲れ様でした!
天気悪そうで嫌だなーって思ったら見事午前中は雨で、更に風もきつくてめっちゃ寒かったです。
なんであんな軽装で行ったんだろうって後悔するくらい待機列は寒かったんですが、中に入ってしまえばちょうど良い気温で、昼から晴れてきたこともあって、イベント自体は過ごしやすくて快適でした。
今回はM3当日に帰らないと行けなくて終わった後は、少しバタバタでしたがとても楽しくて充実した一日が過せてほくほくです!
出来れば次回は、当日もゆっくり出来るように泊まりたいところ。
そして次の日どこか美味しいスイーツでも食べに行きたいぞ。
さて、恒例の戦利品の写真をあげておきましょう。


■戦利品






音楽CD、ボイスドラマCD合わせて80枚ちょっとくらいかな。
結局例年と同じくらい買っていました、イベントの魔力怖い…。
今回の買い逃しはボイドラ系で少しあったかくらいかな。
どうしても展示場が分かれてしまうとどちらかは後に行かざる負えないんですよね。
前回買えなかったiDearoomは今回取り置き予約したら一番乗りだったみたいです(笑)
ありがとうございます。次回も一番乗り目指しますw
このブログを知らないであろうサークルさんでもちらほら声をかけてもらえることがあって、とても嬉しい限りです。
現在、10枚くらい開封して聴いてるんですが、試聴で良かった曲はどれも本当に良かったので通勤時間が至福の時になること間違いなしですね!

プロフィール

Author:彼方
同人音楽とボイスドラマをこよなく愛してます。

2016秋M3チェックリスト【10/27更新】

mixiにも生息してたりするのでお気軽にどうぞw

■過去のリンク集
個人的M3-2009-秋のリンク集
個人的C77のリンク集
個人的M3-2010-春のリンク集
個人的C78のリンク集
MUSIC COMMUNICATION 2リンク集
個人的M3-2010-秋のリンク集
個人的C79のリンク集
M3-2011-春のチェックリスト
C80チェックリスト
M3-2011-秋のチェックリスト
C81のチェックリスト
C81のリンク集
M3-2012-春のリンク集
M3-2012-春のチェックリスト
C82リンク集
C82チェックリスト
2012秋M3チェックリスト
C83チェックリスト
2013春M3チェックリスト
C84チェックリスト
2013秋M3チェックリスト
C85チェックリスト
2014春M3チェックリスト
C86チェックリスト
2014秋M3チェックリスト
C87チェックリスト
2015春M3チェックリスト
C88チェックリスト
2015秋M3チェックリスト
C89チェックリスト
2016春M3チェックリスト



Twitter








■リンクについて
当ブログはリンクフリーです。
お好きにどうぞ♪
音の迷宮バナー
OzoneAsteriskの雛瀬さんに作って頂きました!バナーはお持ち帰りでお願いします。


■連絡先
何かございましたら拍手・メールからよろしくお願いします。
kanatang_music☆yahoo.co.jp
☆→@に読みかえてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。